日宋貿易の航路として平清盛が開き、現在も多くの船が通る音戸の瀬戸にかかる橋。現在は交通龍の増加に対応し、第二音戸大橋も架橋された。