gami-yuki.cocolog-nifty.com > 2009年 5月 岬めぐりの銚子電鉄

01 銚子駅

01 銚子駅

銚子電鉄はJR銚子駅ホームの先端から発車する。まるで居候が家の隅の部屋にちょこんと座っているように。


02 仲ノ町駅

02 仲ノ町駅

銚子電鉄のアイドルデキ3は今では仲ノ町駅でひなたぼっこをしている。入場券(150円)を買えばそばまで行ってみることができる。


03 観音駅

03 観音駅

飯沼観音や銚子漁港が近い駅。ここのタイヤキは餡子がたっぷりでとってもお買い得!


04 噂のタイヤキ

04 噂のタイヤキ

これがそのタイヤキ。豪快にかぶりつきたい


05 本銚子駅

05 本銚子駅

「ほんちょうし」ではなく「もとちょうし」。逆境にもめげずしたたかに生き残りを図るこの小さな鉄道の経営がいつの日か本調子になることを願っている。


06 笠上黒生駅

06 笠上黒生駅

銚子電鉄の列車は多くがこの駅で行き違う。左の電車が銚子電鉄オリジナル塗装。右側が「鉄子の旅」の作者菊池直恵による特別塗装。


07 西海鹿島駅

07 西海鹿島駅

キャベツ畑の中を走る電車。銚子電鉄は短いながらも色々な車窓に出会うことができる。


08 君ヶ浜駅

08 君ヶ浜駅

かつてはローマ風のアーチが並んでいたが撤去された。海までは歩いて10分もかからない。


09 犬吠駅

09 犬吠駅

犬吠岬まですぐの駅。古い電車を活用したレストランもあり、観光の拠点となる。


10 地球の丸く見える丘

10 地球の丸く見える丘

犬吠埼方面の風景。銚子は太平洋に突き出した地形なので、北北西から東、南南西までは海となる。


11 犬吠埼灯台

11 犬吠埼灯台

古くから航海の安全を守ってきた犬吠埼灯台。ここからの眺めは絶景である。


12 外川駅

12 外川駅

作り物のレトロなんかじゃない。本当に古びているから風格がある。