「ほんちょうし」ではなく「もとちょうし」。逆境にもめげずしたたかに生き残りを図るこの小さな鉄道の経営がいつの日か本調子になることを願っている。