夕暮れ近くなって、人もまばらな海岸でした。不思議と海岸は人が少ないほどその風景が心に襞にしみこんでいくような木がするのはなぜでしょうか。