九十九折の石段は、両脇の杉の葉の緑が雨に濡れて一層美しかった。源義経もここを上り下りをして強い武士になったのだろうか。