かつての大輪田の泊の一角にある。僧侶の姿をした優しそうな清盛である。