私は暮れゆく神戸港を見ながら心の中で空想上の清盛に話しかけていた。