新選組が本拠を置いたのがこの家である。芹澤鴨の粛清のときの刀傷が今でも生々しく残っている。