江戸から続く東海道の終点。現在でも京都の繁華街の一角で多くの人が行き交っている。