池田屋事件は、長州の尊皇攘夷派の志士と京都の治安維持にあたった新選組の間の武力小取るである。げんざいは小さな石碑が残るのみ。