かつては日本式の旅館であった。ここを孫文が訪れ宿泊した。現在は建物と庭園が残され、台北駅周辺のビル街の中の貴重なオアシスになっている。