松尾芭蕉の旅は、現代に住む我々から見るとのんびりしたたびだった。山越えの後、ここ尾花沢で旅の疲れを癒し、旧知の人々と俳句を作りながら、10日間滞在した。