2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 引越しもいいかも | トップページ | 男も使うトートバッグ »

少年時代と時刻表

 人には笑われるかもしれないが、幼稚園児の頃からの長年の愛読書は時刻表だ。全国の鉄道やバス、飛行機の時刻や運賃が書かれた電話帳のように分厚いアレだ。思えば日本の地理は時刻表で覚えたようなものだ。だから、北海道の旭川は「あさひがわ」(駅名は長いこと「が」だったのです)で、福岡県の県庁所在地は博多市(福岡県のどのにも福岡駅と言うのはありません)だと思っていた。時刻表を見ながら、まだ行ったことない土地や乗ったことのない列車について、色々予想しながら夢を膨らませていた。時刻表の中には、鹿児島、長崎、博多、広島、高知、大阪、京都・・・・・・・文字でしか見たことのない地名がたくさん掲載されていた。いつか絶対行ってみるぞ、少年時代の私は、そんな夢でいっぱいだった。

 3月にJRグループのダイヤ改正があるので、久しぶりに時刻表を買ってみた。真新しい時刻表を読みながら、そんな少年時代の私に少しだけ戻ることができたような気がする。

« 引越しもいいかも | トップページ | 男も使うトートバッグ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年時代と時刻表:

« 引越しもいいかも | トップページ | 男も使うトートバッグ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ