2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« それから・これまで① | トップページ | それから・これまで③ »

それから・これまで②

4月2日   「友の結婚」

 仙台に住む友人が今日結婚披露宴をした。私も招待されて友を祝福することになった。
友は、1年と少し前にがんを宣告された。抗がん剤と放射線治療で3ヶ月ほど入院した。幸い、治療の甲斐があって、退院することができ、今日の結婚披露宴にこぎつけることができた。

 がんを宣告された時の、不安な気持ち、そして抗がん剤や放射線の副作用の苦しみ、想像を絶するものであっただろう。私は離れた距離に居たため1回しか見舞いに行くことができなかったが、そのときにも、精一杯、見舞いに行った私たちに気を遣ってくれた。昔からそんなヤツだった。自分が苦しくても、笑顔を絶やさない、周りの人を思いやれる。少なくとも私には真似のできないことだ。

 今日の友の幸せそうな友の笑顔を見て、私も本当に嬉しかった。どうか、この幸せがいつまでも続きますように。友のために祈りたい。

« それから・これまで① | トップページ | それから・これまで③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に、あったかい言葉、ありがとう。

病気のほうは、治療は終わってもまだ気持ち的に乗り越えられないものがあります。まだ、がんの関係のテレビを見ることができないし、自分の将来像が描けません。
もし自分が病気になっていなかったらこんな人生を歩んでいただろう、仕事を続けていただろう、とおもうこともあります。
でも、今自分なりに前を向こうと思ってるし、何とか平穏な暮らしができていること、本当にみんなのおかげだと思っています。みんなの励ましがなかったら、自分を支えることができなかったと思います。

ちょうど、一年前は埼玉の病院でした。
あなたが、遠く福島から駆けつけてお花をくれたこと、今でも本当に感謝しています。短い時間でもたくさん笑ったね。
笑いは病気をやっつけるそうです。
お互い笑いましょう。
(私は最近、お笑い番組をよく見るようになりました。アンガールズは気になる存在です。)

このブログを読んで、改めて友達の存在に感謝します。

マッキーさん、見に来てくれてありがとうございます。

 今の平穏な生活は、それまでの苦しい日々があったからこそ、より尊いものになっているのかもしれません。完全な復調まではお互いまだまだかかるかもしれません。それでも、今日のこの1日を大切にしていきたいものです。

 私も、最近心から笑えるようになってきました。私のおすすめは、アメリカのコメディドラマ「FRIENDS」です。少し大きいレンタルビデオ店に行けば多分あると思います。笑いの効用は大きいようです。笑うことで身体の免疫力が上がるそうです。もちろん、身体だけではなく心にもいい影響があると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それから・これまで②:

« それから・これまで① | トップページ | それから・これまで③ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ