2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 東アジアの子供たちへ | トップページ | 衝撃! »

レトロ列車に乗る

  昨日、磐越東線を走ったレトロ列車「あぶくま新緑号」に乗ってきました。いわき駅近くの公園でのんびりしていると、ディーゼル機関車を先頭にチョコレート色の旧型客車4両が連結されていました。さっそく駅に行って、じっくりとレトロ列車を観察しました。車両の連結麺には製造年が書いてあります、昭和28年、昭和13年・・・・いずれも相当の年代もの、牽引している機関車がいちばん新しいですが、これも昭和48年、私が昭和47戦製造なので同世代です。

 それにしても懐かしい。私が少年時代をすごした常磐線では昭和59年まで旧型客車が活躍していた。上野まで乗り入れている列車もあって、これに乗って東京まで行ったこともあった。リベット打ちの外板、木製のステップ、私の子供の頃は青色の塗装であったが、それを除けば本当に昔懐かしい鈍行列車だ(もともとの塗装はチョコレート色だそうです)ドアのロックが解除されて、車内に入ると、さらに懐かし思い出がよみがえった。青色のモケッとに、ベージュ色に厚くペンキを塗られた座席、木製の窓枠、天井の小さなドーナツ型の蛍光灯、最近よくある「レトロ調」ではない、本当に古いのだ。子供の頃の鉄道初体験の頃の思い出がよみがえってくる。

 ガタリ、思ったより小さな衝撃で発車した。昔の鈍行列車はもっと大きな衝撃があった。ドーンと大きな衝撃があって発車するから「どーん行」、つまり鈍行列車だと、小学生の頃の私は本気で思っていたこともあった。機関士の腕がいいのか、編成が短いからなのか、思ったよりもなめらかな発車であった。

 レトロ列車、というより、鈍行列車といった方がいいだろう。ゆっくりと走る、もちろん、もっと速く走ることもできるのであろうが、新緑の車窓を楽しんでもらおうという趣旨の列車なのでのんびりとした旅路だ。小さな駅に止まって、ハイキングのおじさん、おばさんたちを乗せていく。「懐かしいね」という声があちこちから聞こえてくる。しかし、自動ドアではなく、走行中でも手で開けることのできるドアは、自動ドアに慣れた人が多い現代では厄介者のようで、ドアごとにJRの社員が立って監視をしている。昔は暑い時期はドアが開きっぱなしで走るのが普通だった。

 私には懐かしく、子供たちには新鮮な旅であった。ゆっくり走る列車から新緑や桜を堪能し、夕方の郡山駅に滑り込んだ。短いながらも楽しいミニとリップだった。

« 東アジアの子供たちへ | トップページ | 衝撃! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロ列車に乗る:

« 東アジアの子供たちへ | トップページ | 衝撃! »

無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ