2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 「もの食う人びと」 辺見庸 | トップページ | 私の心の宝物 »

のんびりとした休日

 今日は9時過ぎに起床。パンとサラダの軽めの朝食をとり、家の掃除をする。普段は家でゆっくりすることが少ないので、休日の午前中はできるだけ家でゆっくりするようにしている。ネットでニュースをチェックして、図書館から借りていた本を読む。イギリスの建築家の書いた本で、自然素材を使った家について書いてある。いつの日か自分の家を持てることを夢想しながら読み進める。

 昼過ぎに家を出る。朝炊いたご飯をおにぎりにした。ひとつは梅干、もうひとつは鮭フレーク、たまには自分で作った昼食もいいだろう。クルマで峠の駐車場まで行って少し山を登ってみる。新緑が目にまぶしい。少し汗をかいて山頂に上り、街の眺望を楽しむ。盆地の街が見渡せる。山から見下ろした街は頼りないほど小さい、こんな小さいところに人々が密集して生活しているのだと実感する。ここから、燕か鳩にでもなって空を飛んだら気持ちいいだろうなと思う。駐車場に戻っておにぎりを食べる。おいしい空気が何よりのおかずだ。

 山を下りて峠の下の温泉へ。ここは小さな川の渓谷にへばりつくように建っている1軒宿である。日帰り入浴300円を払って、昔ながらの湯治場という感じの木造の建物を奥に進んでいく。建物は古いが清潔で好感が持てる。裸になり、浴室に入ると、窓の外は新緑の渓谷水芭蕉が白い小さな花を咲かせている。温泉は、硫酸塩温泉ということで、独特の香りがいい泉質的には言うこと無しであろう。なにより、空いていることが嬉しい。30分以上のんびりと使って身体の中の悪いものがすっかり流れ去ったようだ。

 人ごみを避け、のんびり、悠々と過ごした休日、何物にも変えがたい。

« 「もの食う人びと」 辺見庸 | トップページ | 私の心の宝物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんびりとした休日:

« 「もの食う人びと」 辺見庸 | トップページ | 私の心の宝物 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ