2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 急ブレーキ | トップページ | 世界のビールを飲む~BINTANG(インドネシア)~ »

交流活動

 私の学校と近くの中学校の生徒同士の交流活動が行われた。中学校の生徒のうち、希望者が私たちの学校を訪問した。まずは教室で簡単なゲームをしながら自己紹介、そして、一緒にカラオケで歌を歌うころには、双方の生徒の緊張も少しとけてきて笑顔も見られるようになってきた。はじめは車いすを押すのもおっかなびっくりだった中学生も、だんだんなれてきた。

 このような交流は、1回きりではなく、できるだけ続けていくことが大切だと思う。お互いを理解することがあってはじめて、心のバリアフリーが実現するものだと思う。

« 急ブレーキ | トップページ | 世界のビールを飲む~BINTANG(インドネシア)~ »

養護学校の教室より」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私も養護学校の教員です。
近隣校との交流活動って、良いものですね。

活動を重ねていくたびに交流先の生徒さんたちが変わっていく様子は、見ていて嬉しいものです。私の学校は自閉ちゃんが多数を占めるので、むこうの子達は対応の仕方にホントに苦労するのです。でもね、どんなに泣かれても逃げられても、決してあきらめないで食いついてきてくれるんですよ。うちの学校の子は何が好きなのか、どうすれば笑ってくれるのか、真剣に考えてくれるのです。その姿を見るたびに、私は思わず涙が出ましたよ。

私、ブログ始めてほんの3日目なので、ぜんぜん慣れていませんし、記事もまだ少ないです。よろしければうちのブログにもぜひおいでください。リンクしてくださるのもかまいません。(むしろ、ありがたいくらいです)

 橘みかんさん、はじめまして。このブログを見てくださってありがとうございます。

 私も同じことを感じました。交流をしていくうちに相手校の子供たちが目に見えて換わっていきますよね。どうすればいいのかなと一生懸命考えているのがわかります。そして、その様子を見ている私たちが教えられることがたくさんあると思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交流活動:

« 急ブレーキ | トップページ | 世界のビールを飲む~BINTANG(インドネシア)~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ