« 「さとうきび畑の唄」TBSテレビ | トップページ | 「煌きの瞬間 戦後の昭和にみる日本の原風景」三橋松太郎著 »

星と音楽のひととき

 私の住む街のプラネタリウムで、毎週金曜日の夜「星と音楽のひととき」が行われる。行こうと思っていてもなかなか行く機会に恵まれず、やっと先日行くことができた。
 今月のテーマは「カーペンターズ特集」。私は20歳代前半、カーペンターズの曲が大好きだった。カレンの歌声は何物にも変えがたいくらい好きだった。その後すっかりご無沙汰して、当時集めたCDも、今では年に数度聞く程度になっていた。
 はじめの曲は「Calling occupants」カーペンターズの中では異色の曲だ。地球外生命との遭遇というテーマの曲なので、プラネタリウムにふさわしい選曲ともいえる。星空を見ながら聞くと、なんだか不思議な世界に迷い込んだような気がする。
 次の曲は「We are only just begun」これは懐かしい。今でこそ枯れススキのような私だが、20歳代前半の私は、大きな恋愛を2度した。不思議と2人ともカーペンターズの曲が好きで、そのうちのひとりが好きなのがこの曲だ。もちろん私にとっても好きな曲だ。初めて私のクルマに彼女を乗せデートに行ったときもこの極を聞いたことを思い出す。切ないような、懐かしいような、胸が熱くなった。
 その後も「Top of the world」や「Yesterday once more」などのヒット曲が続いた。50分という時間があっという間に終わった。なんだか、懐かしい人にあったような、幸せな時間だった。10月になるとまた別のアーティストが特集される。そうしたらまた行ってみたい。

« 「さとうきび畑の唄」TBSテレビ | トップページ | 「煌きの瞬間 戦後の昭和にみる日本の原風景」三橋松太郎著 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やえもんさんこんばんは。
素敵な夜をお過ごしで羨ましい限りでございます。
美しい思い出に浸るのもよ~ござんすね(^^)
『今でこそ枯れススキのような私だが』
って、何をおっしゃいます。まだまだお若いじゃないですか!!!これからですよ~~

そうですね。今33歳、微妙な年齢になってきたと思いますが、どんな年齢であれ、希望を持って生きることができれば幸せなことだと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星と音楽のひととき:

» カーペンターズへの想い [Do you hear what I hear?]
先日実家から10枚ちょっとのLPを送ってもらいました。 これは、わたしの帰省中に祖父の廃屋から掘り起こした(ほんとに掘り起こしたよ)ふるーいLPレコードです。 そのなかの一枚で、特にわたしの気に入っているもの、それがカーペンターズの「ゴールデンダブルデラックス」という作品。 カーペンターズは、わたしが初めて、本当に音楽が好きになったきっかけなんじゃないかな、って今になって思います。 初めて�... [続きを読む]

« 「さとうきび畑の唄」TBSテレビ | トップページ | 「煌きの瞬間 戦後の昭和にみる日本の原風景」三橋松太郎著 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ