2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 「1リットルの涙」木藤亜也著 | トップページ | 里山に登る その2 »

呆然

 マンションやホテルの耐震強度の偽装問題は、だんだん広がりを見せている。倒壊の恐れのある建物は22棟、そのうち震度5強程度の地震で倒壊する恐れがある建物10棟の取り壊しが決まった。現在その建物に住んでいる人は、不安を抱えながら年末のあわただしい時期に引越しを余儀なくされることになる。
 何より腹立たしいのは、関係者の無責任振りである。偽装をした建築士はまるで他人事のような顔をしているし、施工を担当した会社は計画倒産(としか思えないタイミングで)破産申請をするそうだ、マンションを販売した業者も「私は被害者です」といった態度で、本気で被害者のことを考えているとは思えない。つくづく情けないいやなニュースである。

« 「1リットルの涙」木藤亜也著 | トップページ | 里山に登る その2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呆然:

« 「1リットルの涙」木藤亜也著 | トップページ | 里山に登る その2 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ