2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の18件の記事

1年の感謝を込めて

 私がこのブログを始めてもうすぐ1年になります。飽きっぽい私がどこまで続くか不安でしたが、予想外に多くの方に見て頂いて、温かいコメントまでいただいて、なんとか今日までやってきました。今年もまだ終わったわけではありませんが、ブログの記事を書くのは、本日で最後にしたいと思います。明後日から生まれて初めての海外旅行に行ってきます。いまからドキドキです。帰ってきたら、写真や文章でご報告したいと思います。もしかしたら、現地からブログの更新をすることもあるかもしれません。

 このブログを見てくださった方、お一人一人に深く感謝しております。どうぞ、今後もお付き合いいただければ幸いです。また、皆様が良い年を迎えられることを心より祈念しております。インフルエンザや風邪のはやる時期です。どうぞお体を大切にしてください。

マイフォト

 最近、最新記事の左側に「マイフォト」というコーナーが新設されたことにお気づきの方も多いと思います。簡単に説明したいと思います。

 「2004年12月 維新の風に吹かれて~山口紀行」。昨年の12月に、山口県の宇部、山口、萩、長門(仙崎)、下関(長府・唐戸)に行ってきました。そのときの写真です。小野田線の本山支線というローカル鉄道の寂しい風景、、かつての栄華の面影が残る山口、幕末から明治維新にかけての激動の歴史の舞台となった萩、私の大好きな詩人、金子みすずの故郷仙崎、城下町の雰囲気の残る長府、壇ノ浦の戦いや日清戦争の講和会議など、歴史の転換点を見つめてきた唐戸(下関)など、味わい深い旅でした。

 「2005年12月 雪の会津路」。先日、友人とのスキーの前に少し歩いてきました。大雪の合間の貴重な晴れ間でした。ここは7月に来たばかりでしたが、雪景色になると全然別の場所のようでした。

 写真の腕は未熟ですが、少しでも楽しんでいただければ幸いです。よろしければ写真の感想書いていただくと嬉しいです。

やえもん的クリスマスイブ

昨日のクリスマスイブは、福島も寒さが緩んだ。高校時代からの相棒と待ち合わせてスキー場へ、男2人のスノーボードにする。寒さが緩んだとはいえ、スキー場は1000m近くあり、さすがに寒い。缶コーヒーで身体を温めると、ウオーミングアップをする。私は身体が硬いほうで、特に膝や股関節が硬い、怪我を防ぐためにも入念に行う。クリスマスイブのスキー場であるが、他にも男同士で着ている人がおり、幾分ほっとする。
 リフトに乗り滑り出す。先週滑ったばかりであるので、ヘタッピはヘタッピなりに気持ちよく滑る。相棒は私よりも数年早くスノーボードを始めており、私のペースに合わせてくれて、申し訳ない。
 さすがに太ももがパンパンになってきたので、終わりにする。山を下りラーメン店に行く。氷点下のスキー場で冷えた身体をトンコツラーメンで温める。ラーメンの上に載っている豚角煮はやわらかくうまかった。スープもいい味が出ていた。
 100人いれば、100通りのクリスマスイブ。こんなクリスマスイブも悪くはないと思う。

賛辞

 今日は機能から降り続く雪と、今週の疲れで。1日中家の中でのんびりとする。掃除を済ませ、家の周りの雪かきを済ませると、「故宮」の本の続きを読んだり、秋田の友人から送られてきた詩の最新作を読んだりしていた。
 友人から送られてきた詩は3篇で、大木の生命の尊さと人間社会を見守り続ける優しさを詠った作品、図書館の机の上の落書きから、書き手の今を想像し自分に投影させている作品、灰色の雪景色から幼い日の記憶を思い出す作品。いずれも、自然、人、自分への温かくも鋭い観察が見られる。今年は地元の文学賞を惜しくも逃してしまったが、挑戦を続けていけばまた受賞することも可能であろう。病気と闘いながら、前へ進もうとしている姿には私も勇気付けられる。来年は私も何がしかの賞に応募してみようと思う。

ちょっとリニューアル

 このブログを見て下さって本当にありがとうございました。このたびリニューアルしました。デザインが変わったことは多くの方が気づいたかと思いますが、それに加えて、フォトアルバムの機能も使用することにしました。旅行で撮った写真、福島の四季の移ろいを撮った写真、クルマや鉄道車両などの写真を掲載していく予定です。どうぞお楽しみに。

「故宮~至宝が語る中華五千年」 陳舜臣 NHK取材班

 世界四代博物館という言葉をご存知ですか?イギリスの大英博物館、フランスのルーブル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館と並び、中国の北京、そして台湾の台北の故宮博物院が挙げられている。この中で故宮博物院の大きな特徴は2つある。1つは、他の博物館が世界中から集めた収蔵品であるのに対して、故宮はほとんどが中華文明の産物がほとんどである点、もう1つは、政治的な理由で、本来1つであった故宮が、現在では、北京と台北(台北は手狭になったので、台湾中部の嘉義に分院を建設中)に分かれていることがある。
 故宮博物院の展示物は、歴代の中国の各王朝の皇帝たちが、中華文明の正当な後継者であることを誇示するために収集してきたもので、焼き物、書画をはじめ、おびただしい文化遺産が収められている。中には、北宋の徽宗のように、国を傾けてまで芸術に熱を上げた皇帝もいた。
 この本の中には、主な文化遺産の写真ばかりではなく、文化の背景となっている中華五千年の歴史について基本的な理解ができるようになっている。私は中国史について詳しいわけではないが、これを読んでなるほどと、断片的な知識がつながった。

大雪の一日

 今日は、3月まで住んでいた町に用事があるため、朝7時前に家を出た。雪はちらほらと舞っていた。高速道路に乗ると、この先のインターチェンジから先が通行止めという表示があった。高速道路は路面にも雪があったが、凍結していなかった。本当に通行止めかいぶかりながら進んだ。そのうちに吹雪いてきた。これはまずいなと思いながら、ついに通行止めのインターチェンジまで来た。インターチェンジを降り、コンビニエンスストアにクルマを止め、道路の状態を見てみる。早くも凍結が始まっているようだ。本来なら引き返すべきなのだろうが、通行止めの区間はおよそ20km、峠越えの道だが、スタッドレスタイヤに履き替えているし、クルマは一応4WDだから、何とかなるだろうと思い進む。30~40km/hでの慎重な足取りで続く。峠の頂上付近は吹雪いていたが、さすがに雪の多い地方だけあって、他の車もスムーズに走っていた。再び高速道路に乗り、目的地の町に入る。雪は少なく、日陰の部分だけ道路が凍結していたが、あちこちで事故や立ち往生しているクルマがあった。普段、雪に慣れていないからであろう。
 用事を終え、5時過ぎに家に帰った。間もなく雪が強く降り出した。雪かきをしてもたちまち雪が積もってくる。明日の朝までにどれくらい積もるのだろうか?

シーズン開始!

 いよいよ福島にも本格的な冬が到来しました。今日は、今シーズンの初滑りに行きました。場所は安達太良山の中腹にあるスキー場。今朝は拍子抜けするくらいの暖かい朝になりました。スキー場の手前4kmまでは道路の凍結もなく快適なドライブ。さすがに最後は凍結している部分もあり、細心の注意を払いながらのドライブになった。ほぼ、オープン時刻ちょうどにスキー場に入った。駐車場も空いていて、今日はがら空きのスキー場でのびのびと滑れそうだと思っていたら、どこから出てきたのかたくさんの人。首都圏方面からのバスツアーの学生さんらしい。
 それでも、スノーボードをつけ、リフトに乗り込むと久しぶりに滑る喜びでニヤニヤする。30歳にして始めたスノーボード、それまではウインタースポーツの経験はまったくなし。もともと運動神経はかなり鈍いほうなので、よく3年も続いたものだと思うが、もともと、自転車に乗ったりして、風になるのは大好きなので、早く滑ろうと思わずに、サイクリング気分でのんびりと滑るのが性に会ったようだ。次々と抜かされながらも、風になる心地よさを味わいながらのんびり滑る。
 今日は、シーズン初回ということもあり、2時間程度滑って終わりにする。今年はスキー場に近いところに転勤になったので、何度か風になってみようと思う。

はじめの一歩

 養護学校の重複障害(視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱のうち2つ以上の障害を併せ持っている)学級の時間はとてもゆっくり流れる。普通の中学生、高校生の5倍とか10倍とかそんなゆっくりとしたスピードで成長している生徒たちだから。

 それでも、時々私たちが驚かされるときがある。先日、近所の中学校との交流学習があった。中学生たちが私たちの学校に来て、一緒に紙芝居の発表を行った。本校の生徒たちはみんな大喜びだった。学校側も保護者もがんばってはいるものの、やっぱり世界は狭い。同じ年齢の人とのかかわりは何より嬉しいのだろう。

 その日の午後、ある学級で担任の教師が生徒と話しをしながら連絡帳を描いていた。自分でお話のできない生徒の多い養護学校では、連絡帳は学校と家庭を結ぶ大切なパイプである。その担任が、生徒に「今日中学校から○○さんがきてくれて、手をつないだりして嬉しかったよ、って書こうか?」と言ったそうだ。それに対して、その生徒は、「それは連絡帳には書かないでよ」と表情で伝えたそうだ。

 そのことを、職員室のみんなで話していて、もしかしたら、これは親に対して秘密を持つようになったのかな、という結論になった。もしそうだとしたら、親離れへの大きな一歩になる。親と子の一体の世界から、部分的にではあるが自分の世界を持ち始めた。そんな小さな変化を私たちかかわり手は敏感に感じ取り、伸ばしてあげたい。

(東京)根津・湯島を歩く

DSC1
DSC2

 先週の土曜日、東京で友人に会うために出かけた。約束の時間まで間があったので、常宿にしている地下鉄根津駅近くのホテルに荷物を預けながら、近所を歩いてみることにした。
 池袋駅から都営バスに乗る。JRや地下鉄と比べて、乗客の年齢が高い。時間はかかるし、電車より待ち時間は長いが、長く歩かなくても乗れるし、段差も少ないバスは、誰にとっても優しい乗り物なのだろう。
 地下鉄千駄木駅に近い、「団子坂」バス停で下りる。この近くに「へび道」という道がある。長さは300mほどであるが、ヘビのようにうねった道だ。さっそくその道に踏み入れてみる。幅4メートルほどだろうか?山道のような急カーブが続いている。道の両側には1戸建ての住宅、アパートが建ち並んでいる。生活の匂いが濃い。傾斜地というわけではないのに、これほどの急カーブが続くのか、事情を知っている人がいたら教えて欲しい。
 ホテルに荷物を預けると、根津神社に行く。根津神社の広い境内には、他にも稲荷神社もあった。福島ではほとんど散ったイチョウの黄色い葉が美しい。つつじの有名な神社であるが、この時期は人通りも少なかった。本殿に参拝しようとすると、ちょうど挙式を終えたばかりであろうか、緊張した顔のカップルがいた。心の中でおめでとうございますと言った。
 大通りに出ずに、小さな通りをつないで湯島方面に進む。崖になっていて、階段を上る。すぐそばには東京大学がある。学生向けの賃貸マンションもある。さらに進むと、いつの間にか東京大学の構内に入ってしまったようだ。原子力施設のマーク(三角3つのあれです)も見える。急に引き返すのも怪しまれそうなので、他の入り口を探しながら歩く。小さな古びた2階建てのアパートがある。職員の宿舎なのだろうか。玄関の前で子供が2,3人ボールで遊んでいた。「こんにちは」と声をかけると元気な返事が返ってきた。最近はそんな光景もなかなか見られなくなってきたので嬉しい。
 湯島方面に進み、不忍池を横目に見ながら進む・横山大観の記念館がある。大観が晩年をすごした家が残っている。中には、作品や愛用の道具も展示されている。
 ラブホテル街を過ぎると湯島天神。コンクリートで固められた境内はやや風情にかけるが、たくさんの人が参拝していてにぎやかだ。中学生くらいの女の子が、父親と見られる男性に「キガンってどう書くの?」と聞いている。受験生だろうか?できれば「祈願」くらいは知っていたほうがいいだろう。がんばれ!受験生。
 岩崎家庭園に行く、三菱財閥の創業者一族だ。高台の洋館は、周囲の町を見下ろすような威厳のある建物だ。
明治時代の人々の生活を考えれば、完全な別世界だ。ビリヤード場が別棟で、そこまで地下道でつながっているのは、時代を考えれば驚くべき贅沢な設計だ。 
 不忍池にはたくさんの水鳥が集まっていた。都会の中のオアシスである。いつまでも人にとっても水鳥たちにとってもいつまでもオアシスであって欲しい。

寄宿舎クリスマス会

 私の学校の寄宿舎でクリスマス会がありました。この会の目玉は、私の県のシェフの組合の方々がボランティアでフレンチのフルコースを作ってくれること。生徒たちの中には外食の経験に乏しい者もいて、この日を殊のほか楽しみにしている生徒も多い。キャンドルサービス、クリスマスの歌とすすんで、私が扮するサンタクロースが現れて、つまらない冗談(のはずが以外にウケていました)を言いながら、みんなにクリスマスプレゼントを渡していきました。そして、いよいよ会食。思いのほかしっかりとしたフルコースで、オードブルから始まり、スープ、魚料理、肉料理、デザートとどれも美味しく、生徒たちも、私たち職員も満足しました。慣れないナイフとフォークを頑張って使っている姿にはちょっと笑ってしまいましたが。養護学校の生徒たちは、学校と家庭と施設の狭い世界の中での生活であるので、マナーや、人と付き合うことについて学んで欲しいし、社会経験をもっと増やしたいと思っている。学ぶ力、働く力、生活をする力、人と交わる力、この4つをバランスよく育てていくことが大切だと思う。
 師走の忙しい時期に来ていただいたシェフの組合の方々には心からお礼を申し上げたい。人は多くの人に支えられている。養護学校を支えてくれるたくさんの人がいることに私たちも生徒も、改めて気づき、本当にありがたいことだと思っています。

嬉しい気持ち

 昨日、友達に会うために東京に行った。待ち合わせの時間まですこしあったので、文京区・台東区の千駄木、根津、湯島あたりをぶらぶらと歩いていた。あるマンションの前を歩いていたら白い携帯電話が落ちていることに気がついた。マンションのエントランスの前だったので、おそらくこのマンションの住人か来客の携帯電話だろうと思い、マンションの受付に行き、おばさんに届け出た。私の氏名と連絡先を記入するように言われたので、紙に書いておばさんに渡した。
 それから2,3時間ほどが過ぎ、見慣れない番号からの着信が私の携帯電話に入ってきた。いぶかしながら電話に出てみると、女性の声で「さっきは電話を拾っていただきありがとうございました」と話していた。電話が持ち主のもとに戻ってほっとしたとともに、そのことを報告してくれてとても嬉しかった。むしろ、私のほうからお礼を言いたいくらいだ。人は、ほんとうにちょっとしたことで幸せになれる。私は、落し物の携帯電話を拾ったとともに、小さな幸せを拾ったのだ。

星野富弘カレンダー

 仕事帰りに本屋さんによって、星野富弘さんの詩画集カレンダーを買った。私がこのカレンダーを買うのはこれで7年目になる。毎年美しい絵と温かい言葉に癒されている。
 星野さんは群馬県で体育教師をしていた。部活指導中の事故により頚椎を損傷し、首から下が完全に麻痺をした。しかし、彼は絵筆を口にくわえ、詩や絵を描くことに生きがいを見出した。そこまでには、ずいぶん悩んだと思う。彼の著書の中にもそういう様子がうかがえる。星野さんの詩や絵は、やわらかい、そして優しい。何より周りの人々や、命を育み自然への感謝に満ちている。私も毎朝このカレンダーの詩や絵を見ている。そして、星野さんの持つ優しさとエネルギーを少しだけ分けてもらっている。
 星野さん、どうぞ来年も私に優しさと勇気をください。そして、今後もすばらしい作品を送り出してください。脊椎損傷の方にとって夏と冬は厳しい季節と聞きます、どうぞご自愛ください。

「あなたの夢」バトン

■Q1.小さい頃、何になりたかった?

電車の運転士。というか電車そのものになりたかったです。
10歳のとき、近視でメガネをかけなくてはならなくなったのが、人生で最初の挫折でした。
(当時は、メガネをかけていると電車の運転はできなかった)


■Q2.その夢は叶ったか?

ぜぇ~んぜん 違う方向ですねぇ。。。
でも いまの仕事 好きなので 幸せなんだろうなぁ

■Q3.現在の夢は?

旅行に行くたび、少しずつ紀行文を書いています。
いつの日か1冊の本にしたいです。
これを見ている皆様、ぜひ買ってください。

■Q4.宝くじで3億円当たったら?
  
プライベートトレインを購入。
リビングルーム、ベッドルーム、ダイニングルーム、バスルーム付き、
オープンデッキにはベンチを置いて流れる景色を見ながらお酒を・・・・なんていいなぁ。

■Q5.あなたにとって夢のような世界とは?

プライベートトレインで世界中を旅して、世界中のお酒を飲み、世界中の美味を食べつくす生活。
でも、こんな生活1月で飽きそうだ・・・


■Q6.昨晩見た夢は?

地震で倒壊してきた公衆トイレに押しつぶされました。こんな夢ばっかり。
なぜ公衆トイレなのかは不明ですが・・・・

■Q7.この人の夢の話を聞きたいと思う5人は?

はるみんさん、あかねさん、berylさん、anさん、橘みかんさん、マッキーさん
すがっちさん、やもさん・・・・・・・算数は苦手だったので、数があっていなくても許してください

校外学習

 今日は2学期終わりの「お楽しみ会」の準備のために市内のショッピングセンターに校外学習に行った。スクールバスを見ただけで興奮してしまう生徒もいました。学校から30分弱でショッピングセンターへ。ケーキの材料を購入した。開店してすぐで空いていたため、生徒を被写体にたくさんの写真を撮ることができた。すっかりクリスマスモードになっていて、見て回るだけでも楽しかった。次いで、プレゼント交換で使うプレゼントを買いに100円ショップへ。普段100円ショップに行くことはほとんどないので、210円や315円の商品があることに驚いた。生徒たちとプレゼントを選んだ。人ごみが苦手なA君であったが、今日はずいぶん頑張ってみんなと一緒に買い物をしていた。成長ぶりにちょっと感激する。
 あわただしい校外学習であったが、生徒たちも楽しんでいたようだし、よかったと思う。これからも社会の中で生活していくことを念頭にしていかなければと改めて思う。

怒り

 広島での小学生殺害事件、栃木での小学生殺害事件、子供を狙った残忍な事件が続いている。言葉にしようもない怒りが湧いてきた。何の理由があるのだろう、どんな必然性があるのだろう。最近、この事件に限らず、この国では生命の価値がどんどん下がっているような気がする。本当に教育が必要なのはこの国の子供たちではなく大人たちではないか。

冬の訪れ 三題

 その①
 いよいよ福島も幸のシーズンを迎えた。今日は近くのスバルのディーラーにタイヤ交換に行く。スタッドレスタイヤに交換してもらっているあいだに店内に展示されているレガシィとR1を見る。レガシィは、私が乗っているフォレスターと比べると内装の圧倒的に作りこみがいい。同じスバル車なのにとちょっとうらやましい。もっともフォレスターの無骨さに惚れ込んで購入したのであるが。R1は、「広さが命」の軽自動車界のなかでは異端児、後部座席は人が乗ることを想定していない。もっとも、2人までなら十分に快適そうだ、後方の見通しが悪いのがネックか。スタッドレスタイヤに履き替えたところで、さっそく国道49号線を西へ、猪苗代は大雪だった。

 その②
 スーパーマーケットで食料の買出しをする。いつの間にかみかんが安くなっている。トマトやきゅうりなどの野菜が高くなるこの時期、みかんは私の大切なビタミン補給源だ。さっそく買い込み食べてみる。みずみずしく甘いみかん、私にとってベスト・オフ・冬の果物だ。

 その③
 パソコンの住所録の整理をする。今年は、例年に比べて住所が変わった人は少なかった。それでも、2人の方が結婚された。これからもどうぞお幸せに。

英会話を学ぶ

 今日から英会話を学ぶことにした。仕事を少し早めに切り上げる。教室に行くとさっそくテキストを受け取ろ。クラスメイトはおじさん2名と女性2名、中学生、そして私の6名。さっそく自己紹介の練習をする。中学校、高校時代あまり英語の得意な生徒ではなかったが、やはり発音は難しい。しかし、ひさしぶりに「人に教えてもらう」のはやっぱり楽しいものだ。とりあえず、家の中での独り言は極力英語ですることにする。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ