« 美麗之島~台湾紀行 その5 | トップページ | 写真を追加しました »

プロフェッショナル

 給食でもっとも大事なことといえば、衛生的で栄養のバランスがとれ美味しいことだろう。しかし、肢体不自由養護学校の給食では、それに加えて特別食への対応という難しい問題がある。特別食とは、咀嚼(食べ物をかむこと)や嚥下(食べ物を飲み込むこと)、消化などに問題を抱えた生徒が多い。そして、身体の健康を維持するための食物が不適切な状態や不適切な介助があればそのような生徒にとっては生命を危険にさらすこともありえる。誤嚥性肺炎などと呼ばれる状態がそれだ。
 そのため、私たちが食べるものと同じ「普通食」と呼ばれるものから、おかずを細かく切った「刻み食」、調理後煮込んで軟らかくした「煮込み食」、ミキサー等で流動化した「ペースト食」と生徒の実態によってきめ細かく食事を提供するようにしている。

 私の学校の栄養士さんは、そのような多様な状態の生徒に合わせて栄養のバランスがとれた美味しい給食を作ってくれるばかりではなく、生徒の好きなものまで把握して、好きな食材だけ別にペーストにしてくれるなど、きめ細かい仕事をしてくれる。本当に頭の下がる思いです。この学校で一番のプロフェッショナルは栄養士さんだと思っています。本当に毎日ありがとうございます。

« 美麗之島~台湾紀行 その5 | トップページ | 写真を追加しました »

養護学校の教室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル:

« 美麗之島~台湾紀行 その5 | トップページ | 写真を追加しました »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ