« ラストスパート | トップページ | 美麗之島~台湾紀行 その12 »

舎監室より

 昨日は学校の寄宿舎での夜勤でした。私たちの学校には、遠方から来ている生徒や、集団生活の中で将来の自立に向けての経験をつもうとしている生徒が月曜朝から金曜夕方まで生活しています。
 
 昨日は、インフルエンザや風邪の影響で、生徒の数は少し少なかったです。それでも、みんなでテーブルを囲んで取る夕食は楽しい。夕食後は、自由時間、テレビを見る生徒、友達とお話しをする生徒、音楽を聞く生徒、それぞれが思い思いに過ごします。私は各部屋を回って生徒達と一緒に過ごします。そんな時、学校ではなかなか見られない生徒達のホンネの部分が聞けることがあります。その後の学習時間は、学校から出された宿題やそれぞれが自分で課題を見つけて学習をします。その間舎監の私は寄宿舎内を見回り戸締りの確認をします。就寝は生徒によりそれぞれですが、布団を引いたり、着替えをしたり、親に頼っていた生徒が多いので、入ったばかりの生徒は苦労していることも多いです。
 午後10時過ぎ、寄宿舎指導員や補助員との打ち合わせも終わり、私がひとりになれる時間がやってきます。私は鞄の中に文庫本を忍ばせています。昨晩は宮脇俊三の紀行文を持ち込みました。読んでいるうちにうつらうつらしてきました。11時30分過ぎ就寝。
 寄宿舎の朝はのんびりで、6時半を過ぎても静まり返っています。人の動きがあるのは厨房のみ。私も生徒達とテレビでトリノオリンピックを見ていました。フィギュアスケートの荒川静香が金メダルを取ったときには寄宿舎中にどよめきと拍手が起きました。朝食を取ると朝の集いがあり、舎監として生徒に話をする。私は、風邪やインフルエンザで休んでいる人が多いので、気をつけるようにとの話をした。これが終わると、私も生徒も学校に行かなければならない時間が迫っている。ゆっくりとした朝はあわただしく終わった。

« ラストスパート | トップページ | 美麗之島~台湾紀行 その12 »

養護学校の教室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舎監室より:

« ラストスパート | トップページ | 美麗之島~台湾紀行 その12 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ