« 最後の雪景色 | トップページ | 新年度始動 »

34回目の誕生日

 今日は私の34回目の誕生日。今回の誕生日は友人夫妻宅で迎えた。友人に祝福してもらって、とても楽しい誕生日になった。そして、昔よく歩いた町を歩き、自分の年齢を忘れ、とても楽しい週末になった。友人っていいなぁ、心からそう思う。どんなに時間が離れていても、どんなに距離が離れていても、懐かしい友人に会うとたちまち時間や距離を越えて昔の自分に戻ることができる。そして、思い出話だけで何時間でも話していることができる。こんな素敵なことはなかなか得難いものだ。少し大げさな表現をすれば、自分の心の中の故郷に帰ることができる。そこまで言い切ってもいいのかもしれない。
 
 今回の素敵な週末をともに過ごしてくれた友人夫妻には本当にありがとうございますと感謝したいです。そして、この1年は、長いあいだ会っていない懐かしい友人達にひとりでも多く会えるようにしていきたい。そして懐かしい思い出話をたくさんしたい。そんなことを考えるようになったのは歳をとった証拠なのかもしれないが。

« 最後の雪景色 | トップページ | 新年度始動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に昔の仲間に会うっていう事はいいですね。
「想い出は未来へ進むための保存食」っていう言葉を聴いたことがあります。先へ進むことは楽しみもあるけど勇気も要ります。そんなときにポンッと背中を押してくれるのが「想い出」だったりするのかもしれませんね。
「今」もいつかは「想い出」になるときがきます。そのときに自分を支えるものになるように、今を一生懸命生きたいですね。

 「想い出は未来へ進むための保存食」ですか、いい言葉です。友達って本当に良いですね。私もたくさんの勇気、やさしや、元気をもらいました。友達がいるから頑張ることができる。感謝しても感謝しきれないものがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 34回目の誕生日:

« 最後の雪景色 | トップページ | 新年度始動 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ