2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« この時期になると | トップページ | 「史記の風景」 宮城谷昌光著 新潮社 »

台湾物産館

 昨日と今日、所用で東京に行ってきた。少し時間が空いたので、渋谷区の笹塚に先月オープンした「台湾物産館」に行ってきた。新宿から京王線に乗りおよそ5分、笹塚で下車。甲州街道(国道20号線)を渡ると、小さなビルの1階に「台湾物産館」がある。

 コンパクトな店内には、台湾産の野菜、果物、花などの生鮮品のほか、ビールや紹興酒、菓子、乾麺、ビーフン、ピータン(アヒルの卵を石灰や塩などに漬けたもの)、台湾茶、瓶詰めなどの加工食品が販売されている。私はパイナップルケーキとピータン、ビールを購入した。台湾に行ったことのある方も、まだ言ったこのない方も、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

 台湾物産館に関する情報です。
東京都渋谷区笹塚2丁目14-15 ヴェルト笹塚ツインビル1F
TEL・FAX 03-5304-7801
営業時間 : 10:00~20:00  年中無休


« この時期になると | トップページ | 「史記の風景」 宮城谷昌光著 新潮社 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

東京も暑かったでしょ。
先週生徒が実習している関係ではるばる群馬から横浜の港北区まで出張に行きました。
環8が大渋滞で結局その日は13時間車を運転していました。そのおかげで東京には行きたくないけど台湾は気になるね。美味しい料理がいっぱいありそうだしなんかいっぱい食べてもふとらなそう出し(たぶん妄想)。あーあ、群馬にもいろいろできないかな。

 おつかれさまです。13時間も運転・・・大変です。私は1日あたり8時間くらいが限界です。これはこれでかなり大変でしたが。

 台湾の料理、油を使っている料理でも不思議とあっさりしています。味付けも日本料理に近い薄味で、中華料理の中では、一番日本人に親しみやすい味だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾物産館:

« この時期になると | トップページ | 「史記の風景」 宮城谷昌光著 新潮社 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ