« 色・イロ・いろ | トップページ | 色・イロ・いろ その2 »

冥王星の運命は

 17日のブログで、もしかしたら惑星の数が増えるかもしれないと書いたばかりですが、その後一転して、冥王星を惑星から外す案も出されているそうです。
 ちょうど、今現在チェコのプラハで行われている国際天文学会で、冥王星の取り扱いについて決定されるそうだ。太陽からの距離47億km、直径2,300㎞、太陽系でもっとも遠く、最も小さい惑星がたくさんの人の注目が注がれている。

 これを書いているうちに情報が入りました。国際天文学会で冥王星を惑星から外すことが決議されたそうです。数年後には教科書からも惑星が外れることになりそうです。奇しくも今年は、冥王星の発見者、クライド=トンボー(アメリカ)の生誕100周年です。

« 色・イロ・いろ | トップページ | 色・イロ・いろ その2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星の運命は:

« 色・イロ・いろ | トップページ | 色・イロ・いろ その2 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ