« 「ALWAYS 3丁目の夕日」 | トップページ | 水金地火木土天海冥 »

鎮魂

 今日、8月15日は終戦記念日。1931年の満州事変(宣戦布告が行われなかったため、「事変」という言葉が使われているが、実体は戦争と変わりない)から延々と続いた戦争が1945年のこの日終わった。絶望的な戦いであった、沖縄での壮絶な地上戦、東京などの大都市は連合国の空襲で焼け野原になり、広島・長崎では原爆投下により人類史上初の悲惨な焦土と化した。この戦争で亡くなった人は、330万人以上(満州事変2万人、日中戦争20万人、太平洋戦争《兵員230万人・一般市民80万人》)である。実感のつきにくい数字だが、茨城県の人口がおよそ298万人である。15年間の戦争で茨城県のすべての人口が失われたと考えればその膨大な数がイメージできると思う。

 今、このブログを書いているこの瞬間にも地球上のどこかで戦争が続いている。チェチェン紛争、西サハラ紛争、ソマリア内戦、オセチア・イングーシ紛争、そして、今日とりあえずの戦闘停止がなされたようだが、イスラエルとヒズボラの紛争。戦争の犠牲になった人たちが、自分の命を犠牲にしてまで伝えたかったことは何だろうか。私は、戦争によって人命が失われないようにすること、これが一番の彼らの犠牲に対して報われることだと思う。

 最後に、日本国憲法前文のうち、平和主義に関する部分を抜粋してを掲載する。


 『日本国民は~(略)~政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。~(略)~
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 ~(略)~
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

« 「ALWAYS 3丁目の夕日」 | トップページ | 水金地火木土天海冥 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎮魂:

« 「ALWAYS 3丁目の夕日」 | トップページ | 水金地火木土天海冥 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ