2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 本郷焼と会津の休日 | トップページ | 日本史の故郷へ »

生徒会役員選挙

 昨日、私たちの学校で生徒会役員選挙があった。即日開票が行われ、今朝投票結果が発表された。私の学級の3名の生徒は全員立候補した、ポスターのデザインを工夫したり、昼休みに各教室を回って選挙運動をしたり、立会演説会での演説の練習を頑張ったりした。結果は2名が当選、1名は惜しくも落選した。みんなできることはやりつくして頑張った。できることなら全員当選させたかったがこればかりはどうにもならなかった。落選の生徒は涙を流して悔しがっていた。当選した生徒も落選した生徒に気を遣っていた。

 当選した生徒も、これに慢心することなく、生徒会活動だけでなく、普段の学校生活や学習にもっと頑張るように諭した。残念ながら落選した生徒には、これに懲りることなくまたチャレンジしてほしいと励ました。

 それぞれの生徒にとって貴重な経験になっただろう。今日の3人の生徒達はいつもより大きく見えた。こんな日の放課後は少し気分がいい。担任冥利に尽きる1日だった。

« 本郷焼と会津の休日 | トップページ | 日本史の故郷へ »

養護学校の教室より」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
生徒会の選挙ができるのですね。面白そうだな、と思いました。うちの学校は、辛うじて「生徒会」という名前は残していますが、ほとんどが教師主導の生徒指導にならざるを得ないのが現状です。果たして来年は「生徒会活動」ができるかどうか…。
去年から悩んでいるところです。

 私の学校の場合「小・中・高等学校に準ずる教育課程」の存在が大きいします。もちろん重複障害教育課程の生徒たちも積極的にがんばっています。知的障害の学校の生徒会の大変さはよくわかります。中心になって活動できる生徒がなかなか見つからなくて大変だと思います。たぶん、生徒活動のあり方自体を検討すべき時期になっているのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生徒会役員選挙:

« 本郷焼と会津の休日 | トップページ | 日本史の故郷へ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ