« 維新の風に吹かれて~山口紀行② | トップページ | 維新の風に吹かれて~山口紀行③ »

男の色気

 昨日、今日とスキー場に行ってスノーボード三昧の2日間を過ごした。朝の6時前に家を出て、午前中いっぱい滑って家へ帰る。もちろん滑りっぱなしではなく、疲れたら車に戻り、車の中で読書。既に若いとはいえない私はマイペースを崩さない範囲で楽しんできた。それでも、人の少ない朝のうちに練習を積んだ結果、これまでよりもすべりがだいぶよくなってきた、スピードを上げて風を切って滑るのは本当に爽快だった。
 10時を過ぎると人が増えてくる。福島県外の中学校の団体も来ていた。おそらくスキーをつけるのが初めてなのであろう。おっかなびっくり滑っていたのがなんともほほえましかった。そうしているうちに、男の色気と言うか、男の悲しい性が頭をもたげてきた。すこしうまいところを見せてやろうと思って、コブをつかってジャンプなどをしてみた。結果は無様な失敗。だいたい、練習すらまともにしたことのないものが成功するわけがないのだが・・・。男の色気も悪くはないがたいがいにしておかないと。それでも自分をかっこよく見せよう、強く見せよう、大きく見せようと思うのが、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類を問わず男の色気。男って困った生き物なのです。

« 維新の風に吹かれて~山口紀行② | トップページ | 維新の風に吹かれて~山口紀行③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の色気:

« 維新の風に吹かれて~山口紀行② | トップページ | 維新の風に吹かれて~山口紀行③ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ