« 世界のビールを飲む~Mythos(ギリシャ) | トップページ | 仲間たち »

馬鹿馬鹿しい話

 それは昔々のお話です。私がまだ大学4年生だった11月のある日のことです。私は当時住んでいたアパートからJRと地下鉄を乗り継いでいったとある駅前にある会社でアルバイトをしていました。仕事を終え、夕暮れ迫る駅前にたたずむ私、カラスがカァと鳴いて家路を急ぎます。秋の日はつるべ落とし、なんだか切なくなる光景です。私はなんだかビールが飲みたくなりました。しかし、貧乏学生である私はそうそう贅沢ができません。そこで自宅まで1時間半の道のりを歩いて帰れば地下鉄とJRの切符代、しめて320円を浮かせることができる。これなら十分ビールが買える、私はそんなことを考えました。
 それでも、1日働いて疲れた私は少しでも近道をして楽がしたい、そんなことを考え、地下鉄の駅裏にある森林公園を横切り、県道に出て、あとはひたすら住宅街の中の路地をたどるコースを選び、にぎやかな地下鉄の駅をあとに人っ子一人いない薄暮の森林公園に踏み出しました。その後人生最大の恐怖の時間を過ごすことのなるなど夢にも思わず、頭の中にはただあったかい風呂と冷えたビールのことしかありませんでした。
 その公園は南北2キロ、東西1キロ弱。地下鉄の駅周辺は芝生や遊具が整備されていますが、大半が昔からの森林にできるだけ手を入れていないで保存している公園です。結構な上り下りもあり、普通に山に登っているのと変わらないところもあります。私にとって計算外だったのが、公園というから、最低限道は舗装されていて、該当くらいある子かと思っていたら、単なる山道で、暗くなったら真っ暗になってしまうことでした。私は歩くスピードを上げようとしましたが、公園の半ばと思われるところでとうとう真っ暗になってしまいました。
 現代人である私たちにとって真っ暗闇の中に身をおく経験などありません。私はあせってとにかく前へ前へ進もうとします、しかし、自分の目の前数メートルがやっと見えるか見えないかの真っ暗闇、、思うとおりに進めません。そのうち木の根でもあるのでしょう、何度もつまづいてころんでしまいます。とにかく、下へ下へと歩けば県道に出られるはずと思って坂道を降りていきますが、くぼ地の底に出てしまい途方に暮れてしまいました。ずいぶん歩いて体が温まっているはずなのに、やはり11月の風は冷たい。泣いて何とかなるのならとっくに泣いていることろです。携帯電話などよほどのお金持ちじゃないと持っていない時代、私が携帯電話を持つのはこの3年半後、周りに明かりでも見えるのであればそれを頼りに歩けるのですがそんなものは見えません。水か食料でも持っていれば少しは元気が出るのですが、そんなものを持ち合わせていません。私は背筋が寒くなりました、もしここで霙か冷たい雨でも降ってくれば濡れるのを防ぐ手立てはない。そこに強い風でも吹いてくれば冷凍人間になってしまう条件がそろう、冗談じゃない、公園で遭難するなんて、しかし今の自分を取り巻く状況では、ここから脱出するための方法は何一つ持っていない。それからどれくらい歩き続けただろうか、さすがの私も観念した頃突然地下鉄の駅前に出た。駅前広場の何と明るいこと。結局私はあまりの疲労困憊に駅前広場でタクシーを拾って自宅まで帰った。ビールどころではない、320円を節約するつもりがその8倍くらいかかっただろうか。

 ここからが本題です。気候が良く、山に行くのが気持ちよい季節になりました。しかし、どんな低い山でも十分な備えが必要です。時間にゆとりを持って山に入ってください。そしてルートについて十分な下調べをしてください、そして、食料や飲料などを準備してください。そして自然の中で汗を流して思いっきり満喫してください。私からのお願いです。森林公園だって命の危険を感じる場合があります山ならなおさらです。でも、山に登ったときの爽快さは何物にもかえられないものです。それではどうぞお気をつけて。

« 世界のビールを飲む~Mythos(ギリシャ) | トップページ | 仲間たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

怖い、怖い。住宅地でも街灯がないところは薄気味悪いから、森林公園はさぞ不気味だったでしょう。
それにしてもビール代がずいぶん高くついちゃいましたね。この森林公園って台原森林公園?地下鉄だけでも乗っておけばまだよかったかもしれないですね。
自分は1年生の時は北仙台の駅から30分歩いて学校まで行ってました。そこまで出ればもっと安心感もあったことでしょう。もっとも地下鉄の初乗りはかなり高かったから、ビールは缶ジュースに格下げになったでしょうけどね。

やきゅう小僧さん

 はい、台原森林公園です。若気の至りというかずいぶん無謀なことをしたものです。地下鉄、高いですよね。私は当時スクーターを持っていましたがなぜ使わなかったのかは謎です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿馬鹿しい話:

» 転職・アルバイトの口コミ情報です [みんなの口コミ転職情報!]
就職・転職活動中の皆さま、お疲れ様です!!このHPは、皆さまのための口コミ就職・転職情報サイトです。 [続きを読む]

« 世界のビールを飲む~Mythos(ギリシャ) | トップページ | 仲間たち »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ