« 長崎市長撃たれる | トップページ | 里山に登る~高旗山(968m) »

生まれ変わった仙台地区の鉄道に乗る(下)

Photo_41
 
 仙台空港で行き交う飛行機をしばらく見た後、新しくできた駅を訪ねながら戻ることにする。再び仙台空港線の電車に乗る。初めに訪れたのは美田園駅、上の写真にもある通り、駅前には何もない。わずかにロータリーに売り出し中の住宅団地の説明会の会場への送迎バスが止まっているのみ。そのバスも空気を乗せて走り去ると聞こえる音は鳥のさえずりのみ。間違っても夜にこの駅には降り立ちたくはない。はるか遠くには昔からの集落があるし、数年後には一戸建ての住宅やマンションが建ち並ぶようになっているかもしれない。
 次いで杜せきのした駅で降りる。駅前には巨大な軍艦のように「ダイヤモンドシティ・エアリ」の建物がそびえてみる。この駅で降りた乗客もほとんどがそちらに向かっている。私も入ってみようと思う。内部はすごい混雑である。広大な駐車場がほぼ一杯になっているから、電車で来たお客よりもクルマで来たお客のほうがはるかに多いのだろうが、地方の郊外型ショッピングセンターで公共交通機関の便がここまでいいのは珍しい。私が知る限りにおいては、同じ仙台都市圏内にある「ザ・モール仙台長町店」が仙台市営地下鉄長町南駅前と地下通路で結ばれている例があるくらいである。これから高齢化が進み、クルマを運転できない人が増えるだろうから、このような取り組みは大いに評価できると思う。
 「ダイヤモンドシティ・エアリ」のメインテナントは三越とジャスコ、他にシネマコンプレクスのワーナーマイカル、未来屋書店、ムラサキスポーツ、ユニクロなどが入っているので、1日楽しめそうなくらい充実している。私は三越の食品売り場でベルギー産のビールを買った。再び電車に乗り、高架橋を降りると間もなく名取駅に着く電車は東北本線に乗り入れる。私は名取から2駅先の太子堂駅で降りた。この駅も3月18に開業した駅である。
Photo_42
 この一帯は「あすと長町」として仙台市の南の副都心として再開発が進んでいる地域である。いまはまだ何もないだだっ広い未開発地に道路だけが走っている。駅前に世にも珍しい道路の輪切りがあった。この道路は再開発によって付け替えられた道路で、私も何回か通ったことがある。隣の長町駅までわずか1キロなので歩いてみようと思う。東北本線の向こうには長町駅前のビル街が見える。長町は地盤が悪く高層ビルは無理だという話を聞いたことがあるが、建築技術の向上の賜物だろうか、ここ10年くらいで見違えるように高層ビルが増えた。今は何もない「あすと長町」であるが、10年後、20年後には高層ビルが建ち並んでいるのだろうか。選挙カーが通りかかった、周りには人も車もいない、よそ者の私に向かって候補者名を連呼している、これは応えなくては申し訳ないような気がしたので、手を大きく振る。選挙カーからは「ご声援ありがとうございました」という大きな声が聞こえてくる。何度も言うが、私は仙台市の有権者ではないのだが。もうすぐ夕方、そろそろ家に帰る時間である。

« 長崎市長撃たれる | トップページ | 里山に登る~高旗山(968m) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生まれ変わった仙台地区の鉄道に乗る(下):

« 長崎市長撃たれる | トップページ | 里山に登る~高旗山(968m) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ