« ひめさゆりの花 | トップページ | きょうは(BlogPet) »

スバル・インプレッサ

 スバル・インプレッサがおよそ7年ぶりにフルモデルチェンジした。今回のフルモデルチェンジはかなり大掛かりで、これまでセダンとスポーツワゴンの2本立てだったが5ドアハッチバックに1本化された。また、これまでインプレッサのイメージリーダーだったスポーツモデルのWRXが廃止された。普通車のラインナップが乏しい(レガシィ、フォレスター、インプレッサのみ)スバルにとって、失敗の許されないモデルチェンジである。どんな車に仕上がっているのか興味があったので、昨日の帰り近くのスバルのディーラーに見に行った。

 ディーラーに展示されていたのは1500ccのFFのモデル、フロントからリアに向けて流れるように描くルーフラインはなかなかかっこいい。リアが絞り込まれたデザインなので、荷物の積載性はどうかと思ったが、スポーツワゴンとよりも少しラゲッジスペースの奥行きがある印象だ。テールゲートが傾斜しているから背の高い荷物を積むのは苦手だが、ボストンバッグだったりゴルフバッグだったり通常の荷物なら問題なく積めるだろう。ホイールベースが延長されたので、リアシートに座っても足を伸ばすことができるようになった。ここまで見たところでディーラーの営業マンが試乗してみませんかと話してきた。すぐに買うつもりはありませんよと断ったが、ぜひどうぞと勧めてくるので少しだけ試乗してみる。試乗したのは2000ccのAWD(4WD)モデル。運転席に座って「おおっ」と声を上げた。アイボリーのインテリアはこれまでのスバル車のイメージを覆した。スバルは良くも悪くも走り至上主義のクルマ作りをしていて、インテリアにはどちらかというと無頓着だった。これまでも明るい色のインテリアのクルマがあったが、どこかちぐはぐな印象があった。走りの方はスバルのイメージどおりしっかりとした足回り、必要にして十分な馬力を発揮してスムーズに走ることができる。これまでインプレッサを敬遠していた方もいると思いますが、一度実物を見てはいかがでしょうか。

« ひめさゆりの花 | トップページ | きょうは(BlogPet) »

クルマ・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバル・インプレッサ:

» ボストンバッグ といえば [cacchao.net]
こんなものもありますよ。ぜひお越しください! [続きを読む]

« ひめさゆりの花 | トップページ | きょうは(BlogPet) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ