« たまには都会の風に吹かれて | トップページ | 12年目の北海道② »

東急世田谷線でGo!

 東急世田谷線は三軒茶屋と下高井戸の間、5.0kmを結ぶ路線です。路面電車型の小型のかわいらしい電車が走っています。

 渋谷から東急新玉川・田園都市線に乗り三軒茶屋駅で降り、地下道を歩き、キャロットタワーと言うビルの陰に世田谷線の三軒茶屋駅がある。待つほどなくスカイブルーのかわいい電車がやってきた。

Photo_57

 まだ土曜の午前7時過ぎだが、座席が埋まって立っている人もいる。しばらくして都内有数の大動脈である環状7号線と交差する踏切がある。ここでは、電車がクルマを待つこともある。私の乗った電車もしばらく待ってからそろり、そろりと環状7号線をわたる。しばらくすると松蔭神社前駅に着く、ここかで途中下車してみる。雨が強く振っているが、ここから松蔭神社は商店街を歩いてすぐである。松蔭神社は長州藩(山口県)の思想家・教育家で、木戸孝允、高杉晋作らに強い影響を与えたが、安政の大獄に連座して処刑された。その後門弟達がここに改装したのがこの松蔭神社である。雨に煙る境内には人っ子ひとりいない、私も横から吹き付ける雨に閉口して早々と参拝を済ませると松蔭神社を後にした。もし天気がよければ境内に松下村塾を模した建物があるので、そちtらも見るとよいだろう。

 Photo_58

 再び世田谷線の列車に乗り、3つ先の宮の坂駅に着く。この駅の近くに豪徳寺がある。ここは室町時代に世田谷城が置かれ、招き猫発祥の地であるとされる。門前の並木が雨に打たれて緑が一層鮮やかだ。広い境内だがここにも人影はなかった。松蔭神社を参拝したときよりも幾分雨が弱くなって空が明るくなってきた。庭園をしばらく歩いた。宮の坂駅に戻り、電車に乗ると間もなく山下駅、頭上を小田急線が走っていてすぐ近くに小田急の豪徳寺駅がある。その2つ先が下高井戸、京王線乗換駅である。下高井戸駅の片隅に肩をすぼめるようにして止まると小さな旅は終わる。

« たまには都会の風に吹かれて | トップページ | 12年目の北海道② »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東急世田谷線でGo!:

« たまには都会の風に吹かれて | トップページ | 12年目の北海道② »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ