« 散歩(今日のテーマ) | トップページ | 旅はご近所にもあり »

「クール・ランニング」1993年アメリカ

 中米のカリブ海に浮かぶ常夏の島国ジャマイカの特産物はココナツやバナナ、高級コーヒーとして知られるブルーマウンテンコーヒーであり、一方、氷上のF1とよばれ冬季オリンピックの種目であるボブスレーとは結びつきにくい。ところが、1988年のカルガリー(カナダ)冬季オリンピックにジャマイカのボブスレーチームが出場し、世界を驚かせた。この実話を基に作られたのがこの映画である。
 短距離走でソウルオリンピックを目指していた男達だが転倒でオリンピック出場を逃してしまった。何とかしてオリンピックに出ようと思い、出会ったのがボブスレー、道具がない、それ以前に雪も降らなければ氷もないジャマイカ、車輪つきのそりを使って坂を下りる練習をしたり、アイスクリーム売りのトラックの冷凍室に入って寒さに耐える練習をしたり、彼らは工夫してオリンピックを目指す。練習の風景はとても面白いです。冷凍庫から髪の毛を真っ白に凍らせて出てきたり、そりでパトカーに突っ込んだり、それでも彼らは明るく乗り切った。かつての日本のスポコンものにあったような暗さがない。ジャマイカの風土がさせるのか、この映画を作ったアメリカ人の気質なのかわからないが、とにかく明るい。オリンピック会場のカルガリーに入っても試練が続く。コーチの過去のスキャンダルを理由に失格になりそうになったり、選手の一人が父親に連れ戻されそうになったり。第一氷の上を走るのもはじめて、スタートダッシュが大事なボブスレーにとって致命的な事態である。それでも彼らは氷の上での走り方をマスターし、ボブスレーのそりを現地調達し見事出場する。無事予選を突破したころには私の涙腺は決壊をしはじめていた。そして決勝、ジャマイカのナショナルカラーに身を包んだ選手達、過去最高の滑りで自分の名誉のため、祖国の栄光のために滑った彼らだが・・・ここで私の涙腺は完全に故障していた。私は涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら彼らを応援していた。仲間って本当にい、団結するってなんて強いのだろう。元気になりたい人におすすめの映画です。

« 散歩(今日のテーマ) | トップページ | 旅はご近所にもあり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クール・ランニング」1993年アメリカ:

« 散歩(今日のテーマ) | トップページ | 旅はご近所にもあり »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ