2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 大阪・京都・神戸 私の三都物語 予告編 | トップページ | ALTを濫用する »

書初め

 今日は書初めをした。お題は「冬の山里」。「冬」という字は形よく書くのがなかなか難しい字。「の」は筆の返しや払いがきれいに決めるのがなかなか難しい。「山」も「里」も筆の入れ方や止め方、線の長さや間隔のバランスが難しい字である。止めや払いなどの基本的な技法や書き順、字の形などの基本的なところはしっかりと教えるが、つまるところ字というのはその人の人柄が出るものだと思う。とくに毛筆はそうだ。ああ、この子は以外と神経質なところがあるんだなとか、思ったとおり大胆な字を書くなとか。お手本として私が書いた字を見てみる。昔の私を知る人なら私のとんでもない悪筆を知っておられると思うが、なんだかずいぶん読める字になってきたと思う。字を書いたり教えたりする仕事だから、あまり適当な字を書くわけには行かないからであろうか。それともこんな私でも少しは落ち着きと責任感が出てきたからか。

« 大阪・京都・神戸 私の三都物語 予告編 | トップページ | ALTを濫用する »

養護学校の教室より」カテゴリの記事

コメント

本当に字と言うのは人柄をあらわします。
私は昔くせの強い字で自分でもイヤだったのですが、友達がきれいに書いているのをみてあこがれました。
その友達の字をお手本に練習しました。いまはだいぶ納得できるようになりました。

まっきーの字はそんなに癖があるという印亜小はありませんでした。私の悪筆と比べたら…。かつてはた○きー氏にずいぶん指摘されたものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書初め:

« 大阪・京都・神戸 私の三都物語 予告編 | トップページ | ALTを濫用する »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ