« 今年もアイツがやってきた | トップページ | 彼岸 »

中国大丈夫?

 中国チベット自治区の暴動は一向に収まる気配がなく、ついさっきのNHKニュースによると、中国政府の発表によると死者13人、チベット亡命政府(インド・ダラムサラ)の発表によると、死者は少なくとも80名になった。ここまで大きな暴動になった原因は私にはわからない。しかし、私は1989年の天安門事件を思い出す。民主化を求める人々に対して、中国政府は戦車を投入して、発砲をしたり、戦車で踏み潰したりした。政府発表で300人以上の犠牲者が出た。この事件まで、私が最も好きな国と言えば中国だった。長い歴史と豊穣な文化、温和で素朴な人々それが中国のイメージだったガ、この事件以降最低の国になった。チベットに対しても、暴動が起きるような原因を作ってきたのではないかと思う。今後のチベット情勢の推移に注目したい。もちろん、天安門事件の再現のような事態にならないように切に願いたい。またあのような事態になるのでは、平和の祭典であるオリンピックを開催する資格は無い。そして、どんなに政治・経済・軍事大国になろうとも、決して尊敬される国にはならないだろう。

« 今年もアイツがやってきた | トップページ | 彼岸 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

始めてコメントいれます。今回のチベット問題は本当に分からないですね。ただ、中国側が<ラダイ・ラマ>に対しての思惑が何かあるんでしょうという感じは受けています。宗教に対しては何人も口を出すべきではない事だと思いますが・・両者の発表に大きな隔たりがあることなど考えると・・・昨年チベットに足を運んだ方が・・中国側は「チベット人と話しをする事を禁じていて監視されているようだった」と言っておられたのが印象に残っています。

 エムエムさん、はじめまして。コメントありがとうございます。信仰の自由は人間にとって根本的な人権だと思います。それが保障されるのは祭典元の民主主義だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国大丈夫?:

» ディオールオム [ディオールオムの魅力]
ディオールオム情報をお届けいたします♪ [続きを読む]

« 今年もアイツがやってきた | トップページ | 彼岸 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ