« 代表(BlogPet) | トップページ | バトンです »

道路交通法改正

 明日から道路交通法が大幅に改正されます!

【1 飲酒運転に対する罰則の強化】

 飲酒運転をした人だけでなく、同乗していた人、飲酒運転することを知りながらクルマを貸した人、運転をすることを知りながら飲酒をさせた人にも罰則が加えられるようになりました。また、飲酒運転を含む、悪質・危険運転により免許取り消し処分を受けた人は、その後10年間免許を取得できなくなります。 このことによって、飲酒運転が無くなり、悲惨な事故が少しでも少なくなることを願っています。

【2 高齢運転者等対策】

 記憶力・判断力などに関する検査の導入。あるデーターでは、30歳~34歳男性の運転免許保有率が98%(2003年)ということです。最初から免許を取らないことを選択した人もいると思うので、希望した人はほぼ全員免許を取得していることになります。クルマやバイクという使い方次第では非常に危険なものを扱える免許をこんなに簡単に与えていいのか疑問が残ります。また、公共交通機関の未発達な地方では、認知症の症状が出ているにもかかわらずクルマの運転を続けている人がいます。何らかの方法でそのような方に運転することを諦めてもらう必要があると思います。もちろん、代替の交通手段を確保しなければなりません。これから、ますます高齢者が増え、認知症になる方もますます増えると思いますし、私だっていつかそうなるかもしれない。重い課題ですが、クルマやバイクは基本的に危険なものです。

【3 自転車利用対策】

 自転車の歩道通行が一部認められるようになりました。これまでは「自転車通行可」の標識のある場合を除いて、自転車は車道を通行するものとされてきましたが、クルマが増え、車道は自転車にとって危険なものとなりました。児童、幼児、高齢者が通行する場合や、交通の事情でやむをえない場合は自転車が歩道を通行できるようになりました。もっともその場合、歩行者と自転車との接触事故、自転車同士の接触事故が懸念されます。将来は、自転車を運転するには警察で講習を受けるなどの方法で、自転車の交通マナーに関しての普及が必要だと思います。

【4 被害軽減対策】

 自動車の後部座席のシートベルトが義務化されます。これによって、事故の際に後部座席の人が車外に放り出されて死亡するような事故が減ることを願っています。

« 代表(BlogPet) | トップページ | バトンです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道路交通法改正:

« 代表(BlogPet) | トップページ | バトンです »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ