2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の15件の記事

雨の日もまたよし

梅雨の時期が好きだと言う人はあまりいないだろう。じめじめしている、布団が干せない、洗濯物が乾かない、とにかく雨降りが嫌い、嫌われる理由を挙げればきりがない。私はこの時期はそんなに嫌いではない、まあ積極的に好きというほどでもないが。
 この時期のよい点は、雨上がりの美しさ、雨上がり、太陽の光を浴びる木の葉の美しさといったら言葉にできないものです。小雨が降りうっすらと霞む山や谷も水墨画の世界のようで本当に美しい。何より小雨が降る時のけだるい雰囲気が私の心のリズムにあっているのだろう。こんな日はクルマに本と昼食と飲み物とMDウオークマンを積み込んで公園に行く。本を読むもよし、MDを聞くもよし、外を眺めるもよし、傘をさして公園を歩くもよし、またまた昼寝を決め込むもよし。こんな雨の日もいかがですか?

世界のビールを飲む~San Miguel(フィリッピン)

Dsc06259
【種類】        ピルスナー
【アルコール度数】  5パーセント
【原料】        麦芽 ホップ ※
【輸入業者】     アイコン

 常夏の国、フィリッピンからやってきたビール。きれいな黄金色のビールは、軽い香りと爽やかなのど越しが魅力のビールです。暑いこの時期さっぱりとしたこのビールはとてもいいです。今日のおつまみのほっき貝の刺身にもよくあっていました。

こんな時間ですが

 今日は外で夕食を食べて家に帰るとそのまま布団に直行。それにしても最近疲れが抜けません。そして目が覚めたのは2時過ぎ、こんな時間にできることは限られています。何をするというわけでもなく時間が過ぎていきます。思いっきり悪循環なのだろうけれど、今から眠ろうと思ってもたぶん無理でしょう、さて、何をして朝まで過ごそうか・・・。

東海地方の私鉄と信長の足跡をたどる 5

 玉の井駅から木曽川の堤防を目指して歩く。路地ではおばあちゃんが玄関先に椅子を出して転寝をしていた。平和なんだなと思う。5分ほどで木曽川の堤防の上に出る。河原には親子連れなどたくさんの人がいてスポーツをしたり犬の散歩をしていた。しばらく下流に向かって歩くと水色の尾濃大橋が見えてきた。まだ河口までだいぶ距離があるがかなり長い橋だ。後で調べてみると、全長767.5メートルもあるそうだ。階段を上っていよいよ橋を渡り始める。両側の河原の緑が濃い、そして山が遠い、北側のはるか遠くに市街地、おそらくは岐阜市の市街地だろうが、山はそのずっと先にある。日本でこんなに広々とした景色はなかなか見れるものではない。そして風が心地よい。空気の匂いがまたいいのだ。川の水と木々と草の匂いの混じった匂い。生気に満ちた匂いである。自殺志願者と間違えられると困るけれど、しばらく橋の上から眺めと、肌に触れる風の感触と匂いを楽しんだ。

Photo style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />

Photo_2

 尾濃大橋を渡ると岐阜県に入る。農地の中に住宅地が混じるようになる。須賀駅までは1時間くらいかかるかと思ったが、思いのほか早く、50分くらいで着いた。須賀駅は無人の小さな駅だが自動改札機があり、高度に合理化された駅だった。新羽島駅行きの電車も30分に1本程度かと思ったら、15分に1本もあり便利だった。2両編成の電車も真新しく色々な面で驚いた。新羽島駅は東海道新幹線岐阜羽島駅のすぐ脇にあった。新幹線のコンコースを一瞥して引き返す。須賀駅を過ぎ、笠松から名鉄本線に入るとここから急行列車になりスピードを上げ岐阜まであっという間に着いた。この後は各務原線の電車に乗り犬山城最寄の犬山遊園駅まで行く予定である。各務原線のホームに下りて電車の行先を見て「はて?」と思った。電車の行先は「中部国際空港」になっているのである。私はこういうことだけは勘がいいから、この電車は岐阜から犬山、名古屋を経由して中部国際空港まで行くのだなと理解できたが、名鉄の列車の行先はなかなか複雑だ。電車に乗って発車を待っていると、20歳くらいの男女が乗りかけてはやめ、何かを話し合っていた。それでもらちが明かなかったのか、女の子が私に「この電車は各務原に行きますか?」と尋ねてきた。私は各務原線の電車に乗るのは今日が初めてだが、常連客のような顔をして「はい、通りますよ」と答えた。二人はほっとした顔をして私の斜め向かいに腰掛けた。
 各務原線はずいぶんこまめに駅がある。もっとも電車の加速性能がいいからその割にはスピードが速い。さっきの2人は各務原市役所前駅で降りていった。下りる間際、女の子は「さきほどはありがとうございました」と言って下りていった。少しいい気分になる。そんなに美人と言うわけではないが、気持ちのいい言動は周りの人を幸せにします。私も少し彼女を見習わなければ。
 新鵜沼を過ぎると木曽川を鉄橋で渡る。右側に犬山城が見えてくる。間もなく犬山遊園駅に着く。

会議されたみたい(BlogPet)

きょうガーベラは、会議されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「ガーベラ」が書きました。

それからいろいろありまして

 月曜日のブログで「熱を出しました」と書きましたが、翌朝から本格的にかぜをひきました。熱だけでなく、胃腸にも症状が来て、「何も食べたくない、飲みたくない、しかし出ていくものはどんどん出て行く」という状態になってしまいました。火曜日は、午前中にはあまりのだるさと身体の節々の痛みで通院することもできず、さりとて眠ることもできず、何日も前の古新聞や数年も前の古雑誌を布団の上で読んでいました。午後になって少々楽になったのでやっと通院、風邪による胃腸炎だとか、熱のせいか、ぼんやりとした頭で先生の説明を聞いていました。
 それにしてもほとんど食べても飲んでもいないのによくもこんなに水分が出て行くことと感心していたら、ちょっと悪魔的な考えが浮かんできました。「この状態で体重計に乗ったらどうだろう?」結果は、月曜日の朝との比較で、火曜日の午後には-1.5kg.、水曜の朝には-2kg.普通のダイエットではこれだけ痩せるのは努力が必要、身体に力は入らないし、頭はボーっとするし、喜ぶべきことではないが、怪我をしたときにかさぶたはがしをしたり、わざと深爪ぎりぎりまで爪を切ったりするような「ちょっとだけM」状態と言ったものだろう。
 今日、2日ぶりに職場に行って驚いたことは、教室の黒板に機能の予定が書き込んであったことです。それも補欠で入った教師が書いた字ではなく、生徒が書いた字であること。通常であれば生徒が登校前に私が書いておくものですが、生徒達が自分で判断して必要だと思って書いたのでしょう。あちこちに誤字がありますが、それは十分目をつぶってもいいことです。教室内のものもあるべきところにあるべきものがおかれていたし…ひょっとしてこの学級は担任がいなくてもそこそこやっていけるのか?そればかりではなく、宿題の日記の用紙を引き出しから取り出して自主的にやっていました。これには驚きました。私など隙あれば楽しようとする生徒でしたから。一瞬目頭が熱くなりました。
 おかげさまで、熱は平熱になり、胃腸の症状のほうもだいぶ治まりつつあります。1日半で2kg.というダイエットはうたかたの夢で終わりそうです。

グドグドモード入り

 今日は午前中から頭痛がひどかったが、どうしても出なければならない会議があったので5時まではひたすら我慢。会議が終わると自宅に帰って、ソファーに横になるとたちまち眠ってしまった。8時過ぎに起き上がり何とか夕食を済ませ、熱を測ると7度8部、もう一眠りしてさっき目覚めると8度、これは本格的に風邪をひいたかもしれない。また寝ます。皆様も風邪にはご注意ください。

お願い(BlogPet)

きのうはお願いされたみたい…
だけど、かめこは強化しないです。

*このエントリは、ブログペットの「ガーベラ」が書きました。

東海地方の私鉄と信長の足跡をたどる 4

Photo


 名鉄名古屋駅は忙しい。2本の線路で膨大な量の乗客と列車をさばいている。今日は日曜の朝7時半、乗客はまだ多くないだろうが、平日の朝晩は狭い駅が人で一杯になるだろう。一宮、岐阜、犬山、津島方面行きのホームで待つと、犬山行きの普通列車がやってきた。スカーレット一色の電車は、私が子供の頃に見た名鉄電車そのままだった。長いホームに短い犬山行きの電車が停まり、発車するとまもなく私が乗る弥富行きの電車が来る。こところが発車時間が迫っても津島行きはさっぱり来ない。駅員に聞いてみると「あちらの電車です」と言う。よく見ると、長いホームの反対側の端に私が乗る津島線弥富行きの準急電車が停まっていた。長いホームを活かして、列車ごとに停車する場所を買えて設備の制約を少しでも解消しようとしているのだろう。

 名古屋を出るとまもなく地上に出る。犬山線が分岐し、須ヶ口では私が乗る津島線の電車が名鉄本線から分岐する。沿線は宅地化が進んでいるが時折田んぼも見られる。高架駅の津島から尾西線に入り、JR関西本線の線路が見えると終点の弥富に着く。名古屋の喫茶店は朝がすごいと聞く。ぜひ体験しようと思って弥富まで空腹を我慢してきた。しかし駅の周囲に喫茶店はあるが「準備中」の札がかかっていた。すぐ近くの近鉄や富駅まで行ってみたが、こちらもなし。やむを得ずコンビニエンスストアのおにぎりで当座をしのぐ。

 弥富から再び電車に乗り、尾西線で一宮を目指す。地図を見た限りでは、尾西線の津島~一ノ宮間は農村部を走るものだと思っていたら、思っていた以上に宅地化が進んでいて、2両編成の電車は座席が大方埋まっていた。一宮で同じ尾西線の玉の井行きの電車に乗り換える。しばらく時間があるので電車を眺めていたら、敷地を接するJRの尾張一宮駅のほうが乗客が多い。名古屋~須ヶ口間はカーブが多く、所要時間でJRに太刀打ちできないためだろうか。
 玉の井行きの電車は真新しい高架橋をかっ飛ばす。一宮~玉の井間は行き止まりの盲腸線なので、もっとのどかな路線化と思っていたがそうでもなかった。終点の玉の井駅に着いたら、次は木曽川の対岸を走る竹鼻線に乗る。いま乗ってきた電車で一宮に引き返し、名鉄本線で笠松まで行き竹鼻線に乗るのが常道だろうが、今日は天気もいいし、竹鼻線の須賀駅まで歩いてみようと思う。濃尾大橋で木曽川を渡るのも魅力的だ。地図でざっと見たら1時間程度でいけそうだとわかったし、木曽川を渡れば道なりに進めば須賀駅までは道なりに進めばたどり着く。

日曜日は花を買って

 私の日曜夜の習慣、それは、大河ドラマを見終わったら、スーパーマーケットに行って値下げ処分になった食料品を買い込むこと。毎週月曜日と火曜日は仕事が終わると疲れきって、買い物にも外食にも行きたくないのでそのようにしている。
 この前の日曜の夜、いつものように午後9時過ぎのスーパーマーケットで買い物をしていると、お花売り場が目に留まった。そういえばずいぶん長いこと花を買っていないことに気付いた。私がその中でとくに気になったのはピンクのガーベラ。ガーベラは私の好きな花です。明るく元気な女の子という印象の花で、切花にして花瓶にいける周囲をぱっと明るくしてくれる力を持っています。私はちょっと元気が欲しいなと思って、そのガーベラを買って帰り、家の花瓶に指して玄関に置きました。
 日曜日の夜に買った花なので、この蒸し暑い時期、ややしおれかけていますが、あと1日くらいはガーベラから元気をもらえそうです。

こいつは朝からいいことあるぜ

Photo

 この黄色の花は「ゴールドコイン」という名前の花です。上から見下ろすと本当に金貨をちりばめたように見えます。5月末から咲き出して、今ではすっかり花盛りになりました。このブログを見た皆さんにも、私にもちょっとだけ小さな幸せがあれば言いなぁと思います。

許せない

 既にテレビニュースやインターネット等でご存知の方も多いと思いますが、今日の午後0時35分頃、東京都千代田区の秋葉原電気街の歩行者天国で、通り魔事件があり、7名が死亡、11名が重軽傷を負った。犯人は、静岡県に住む25歳の男で、2トントラックで歩行者天国の交差点に突入し、3人をはねた後、サバイバルナイフで歩行者を次々と刺した。男は取り調べに対し、「人を殺すため今日、静岡から秋葉原に来た。誰でもよかった」「世の中が嫌になった。生活に疲れた」と述べている。

 容疑者の男にどのような事情があるのかは知らない。たとえどのような事情があろうとも関係ない人を巻き込んで死に至らしめる行為が許されるはずは無い。休日に買い物を楽しんでいた人たちの生命が一瞬のうちに絶たれた非常に残酷で許しがたい事件だ。もしかしたら、容疑者の男は自分の運命を呪い、幸せそうに生きている人を呪い、自分と同じような苦痛を与えたかったのかもしれない。だとすれば、この男は大きな思い違いをしている。苦しいのはお前だけじゃない、思い通りに行かないのはお前だけじゃない。お前が手にかけた人々も、さまざまな悩みや苦しみを抱えながら生きてきた。それでもかすかに見える光を信じ今日を生きている。そんな人々の人生を一瞬のうちに断ち切った重大な犯罪、決して許されるものではない

生徒が成長しなかった(BlogPet)

きょうは、ホームを飲酒したよ♪
でも、きょうガーベラが福島県内みたいな代表した?
でも、きのうガーベラが、生徒が成長しなかったー。
だけど、かめこと和解された!
でも、ゆずと名前に観光しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ガーベラ」が書きました。

東海地方の私鉄と信長の足跡をたどる 3

【3 三岐鉄道】

 四日市から近鉄の普通電車に乗り富田で降りる。ホームの向かいに三岐鉄道の黄色い電車が停まっていた。かつて西武鉄道で活躍していた電車で、正面の丸みを帯びた2枚窓とステンレスの飾り帯に見覚えがある。発車まで30分近くあるから、ホームで色とりどりの近鉄の電車を眺めながら缶コーヒーを飲む。本当はこじゃれた喫茶店にでも入ってコーヒーでも飲みたいが、旅に出るとやたらと先へ先へ急ぎたがるのが私の性分である。
 
 電車は富田駅を発車するとしばらくJR関西本線と並走する。その後JR線とはなれて住宅地と田が混じった平野を山に向かって進んでいく。乗客は多く、途中駅から乗ってくるお客も多くなかなか活気のある鉄道だ。それに、「ローカル鉄道としてはずいぶん駅の構内が広く立派な設備だ。なぜだろうと思ったら、機関車に牽かれた貨物列車とすれ違った。後で調べていると、この鉄道はセメント輸送を大きな使命として建設されたそうだ。長い貨物列車が走るための設備を有しているわけだからそれだけ広大な駅が多くなるわけだ。途中に大安という駅がある
。どんなところか期待していたら、ごく普通の田に囲まれた小集落だった。東藤原駅近くには大きなセメント工場があり、貨物列車にセメントの積み込みをしていた。ここを過ぎると山の気配が濃くなり、終点の西藤原駅に着く。のんびり歩いてみたくなったが、この先の予定もあり、帰りの切符を買って、駅構内に展示されている機関車の写真を撮って折り返しの電車に乗る。

Photo

 途中の伊勢治田駅で降りて、三岐鉄道のもう1つの路線である北勢線の終点である阿下喜(あげき)駅まで歩くことにする。道路沿いにお寺がある。福島だったらかなり有名なお手rになりそうな立派なお寺だ。ここに限らず伊勢国のお寺は立派なものが多い。宗教勢力の強い土地柄なのか、裕福な土地なのか。坂を下り員弁(いなべ)川に架かる橋の向こうに阿下喜の町が見えてくる。病院の建物が一番目立つ。阿下喜駅は、新築の建物で、ローカル鉄道なのに、駅には自動改札機も備えられている。駅に停まっている電車もあたかも新車のようにきれいに整備されている。

Photo_2

 北勢線はかつては近鉄が保有していたが、利用客が減少して苦しい経営状態になった。2003年に三岐鉄道に移管された。そのときに駅や車両の整備を行ったのだろう。昼間に乗った内部線・八王子線とともに、狭い軌間(762mm.)を採用している貴重な存在である。そのためか、カーブは他の鉄道よりもスピードを落として慎重に走る。阿下喜を発車したときには私ひとりだったこの車両も駅に着くごとにお客が増えた。スーパーマーケットに併設された駅があり、そこから一組の親子が乗ってきて私の向かいに座った。5・6歳くらいの女の子を連れたお母さんはたぶん私と同じ位の歳だろう。彫が深く、浅黒い肌をしている。フィリッピンかインドネシアから来た方だろうか。勝手の違った国での子育ては大変だろう。そんなことを考えているうちに、なんだかこのようにして鉄道に乗って遊びまわっていることが後ろめたい気持ちになってきた。俺、いったい何やっているのだろう。親子の向こうの空はすっかり夕暮れの気配だ。親子は手をつないで電車を降りていった。

 今晩は名古屋で一杯やろうと思っていたが、不意に「その手は桑名の焼きハマグリ」という江戸時代のジョークが浮かんできた。なんだかもやもやとした気持ちを抱えているのも良くない。桑名駅を出て町を歩いた。

バトンです

私の古い友人、やきゅう小僧さんから回ってきたバトンです


●お名前は?
・やえもんです

●ご職業は?
・子供達と遊んだり、駄洒落を言っております。

●資格は持っている?
・普通自動車一種、教員免許(中学校1種、高等学校1種、養護学校1種)

●誰かに似てるって言われたことある?
・蛭子能収さん(話し方が)、渥美清さん、というか車寅次郎さん(顔が四角いところが)

●恋人にするならこんな人が理想(5つ)
・やっぱり料理が上手だと嬉しいです
・旅行好きだと嬉しいです
・あまりきちんとしている人よりは天然ボケぐらいの方がいいなぁ
・たまには私を完全に放っておいてくれるくらいがいいです
・自分の世界を持てる人=一人遊びのできる人がいいなぁ、私自身、一人で何かするのが好きなほうなので

●“親友”と呼べる友達はいる?
・います!最近結婚して付き合いが悪くなって少々寂しい。

●バトンを回してきたあの人は?
・私の友人の中では、珍しく泥臭さがない、センスのいいあいつです

●今までの自分の経歴で面白い事や自慢できる事は?
・幼稚園から高校1年まで出席番号が1番だった

●これのためなら一食抜ける?
・旅行中は食事のことを忘れて歩き回ります

●将来の夢を語って下さい。
・旅行記を本にします。このブログをごらんになっか方には無料で進呈します

●好きじゃない相手と付き合える?
・私は穏やかそうに見えますが、実はかなりわがままな人間なので無理です。実は人の好き嫌いは激しいほうです。なので露骨に嫌な顔をしているはずです。

●他の人と出かけるのは浮気?
・そのくらいでは。でもあまりたびたびだと…

●S?M?
・磁石はS極とN極。あ、そういうことではありませんね

●どんな体型が好き?
・女性に関しては、あまり細い人よりも健康的な人のほうが好きです

●遠距離恋愛あり?
・あります。まだ10代のときですが

●束縛する人?
・束縛されたくありませんし、あまり束縛しないほうだと思います
 
●束縛する人と付き合える?
・そのような方と結婚していましたが、やっぱり息苦しかったです

●元恋人からのプレゼントを残しておくのは許せる?
・しょうがないでしょう。

●異性のどんな行為に胸キュンする?
・その人の弱いところを見せられたときです


ブログやMixiなどのSNSをやっている方で、バトンを受けている方がいればお知らせください。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ