« 日曜日は花を買って | トップページ | お願い(BlogPet) »

東海地方の私鉄と信長の足跡をたどる 4

Photo


 名鉄名古屋駅は忙しい。2本の線路で膨大な量の乗客と列車をさばいている。今日は日曜の朝7時半、乗客はまだ多くないだろうが、平日の朝晩は狭い駅が人で一杯になるだろう。一宮、岐阜、犬山、津島方面行きのホームで待つと、犬山行きの普通列車がやってきた。スカーレット一色の電車は、私が子供の頃に見た名鉄電車そのままだった。長いホームに短い犬山行きの電車が停まり、発車するとまもなく私が乗る弥富行きの電車が来る。こところが発車時間が迫っても津島行きはさっぱり来ない。駅員に聞いてみると「あちらの電車です」と言う。よく見ると、長いホームの反対側の端に私が乗る津島線弥富行きの準急電車が停まっていた。長いホームを活かして、列車ごとに停車する場所を買えて設備の制約を少しでも解消しようとしているのだろう。

 名古屋を出るとまもなく地上に出る。犬山線が分岐し、須ヶ口では私が乗る津島線の電車が名鉄本線から分岐する。沿線は宅地化が進んでいるが時折田んぼも見られる。高架駅の津島から尾西線に入り、JR関西本線の線路が見えると終点の弥富に着く。名古屋の喫茶店は朝がすごいと聞く。ぜひ体験しようと思って弥富まで空腹を我慢してきた。しかし駅の周囲に喫茶店はあるが「準備中」の札がかかっていた。すぐ近くの近鉄や富駅まで行ってみたが、こちらもなし。やむを得ずコンビニエンスストアのおにぎりで当座をしのぐ。

 弥富から再び電車に乗り、尾西線で一宮を目指す。地図を見た限りでは、尾西線の津島~一ノ宮間は農村部を走るものだと思っていたら、思っていた以上に宅地化が進んでいて、2両編成の電車は座席が大方埋まっていた。一宮で同じ尾西線の玉の井行きの電車に乗り換える。しばらく時間があるので電車を眺めていたら、敷地を接するJRの尾張一宮駅のほうが乗客が多い。名古屋~須ヶ口間はカーブが多く、所要時間でJRに太刀打ちできないためだろうか。
 玉の井行きの電車は真新しい高架橋をかっ飛ばす。一宮~玉の井間は行き止まりの盲腸線なので、もっとのどかな路線化と思っていたがそうでもなかった。終点の玉の井駅に着いたら、次は木曽川の対岸を走る竹鼻線に乗る。いま乗ってきた電車で一宮に引き返し、名鉄本線で笠松まで行き竹鼻線に乗るのが常道だろうが、今日は天気もいいし、竹鼻線の須賀駅まで歩いてみようと思う。濃尾大橋で木曽川を渡るのも魅力的だ。地図でざっと見たら1時間程度でいけそうだとわかったし、木曽川を渡れば道なりに進めば須賀駅までは道なりに進めばたどり着く。

« 日曜日は花を買って | トップページ | お願い(BlogPet) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海地方の私鉄と信長の足跡をたどる 4:

« 日曜日は花を買って | トップページ | お願い(BlogPet) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ