2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« みちのおくへ~下北・津軽紀行 ④ | トップページ | オランウータンよおまえまで »

コスモスの花を見ながら

 秋も深まり、すっかり涼しくなってきた。私にとって最も好きな季節がやってきた。この大好きな季節に咲く花はコスモス。頼りなげな細い茎のてっぺんには赤やピンク、白の可憐な花が咲く。宇宙まで透けて見えそうな秋空にコスモスはとてもよく似合う。秋桜とはよく言ったものである。
 大学3年生のとき、母校の中学校で教育実習をした。実習は忙しかったがとても楽しかった。研究授業はあまりうまくいかなかったが、何とか終わった。クラスの生徒たちともだいぶ仲良くなった。まぁ半分彼らのおもちゃになっていたようなものかもしれないが。そのクラスの中にちょっと気になる女の子がいた、みんなの中にうまく入れずに、一人でいることが多かった。そんな彼女が教育実習の最後の日の帰り際に私にくれたのが1輪のピンクのコスモスだった。クラスの生徒達から寄せ書きや手紙をもらったが、このコスモスの花1輪が何より嬉しかった。
 コスモスの花言葉は「乙女心」、あれから14年経った。28歳になった彼女はあれからどのような人生を歩んだろうか。そして、今も元気でどこかで風に揺れるコスモスの花を見ているに違いない、きっとそうであって欲しいと思っている。

« みちのおくへ~下北・津軽紀行 ④ | トップページ | オランウータンよおまえまで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
コスモスの素敵な出会いと別れのはなし、いいですね。
実習のときってすごく思い出深いですし、いろんなものが刻まれるものですよね。
やえもんさんの人柄がよく感じられるこの日のブログでした。

まっきーさん、おひさしぶりです。
実習は本当に思い出深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コスモスの花を見ながら:

« みちのおくへ~下北・津軽紀行 ④ | トップページ | オランウータンよおまえまで »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ