2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 気力は授業した(BlogPet) | トップページ | 会津・多摩・江戸~新選組の足跡をたどる ④ »

会津・多摩・江戸~新選組の足跡をたどる③

【11月3日 日野】

 日野は五街道の1つ甲州街道の宿場町である。甲州街道は江戸の日本橋から内藤新宿(現在の新宿)、高井戸、国領(調布市)、府中、日野、八王子を経て甲府、下諏訪まで達する街道である。ここ日野にも宿場町の施設として本陣や脇本陣が置かれた。日野駅からまっすぐ続く道がかつての甲州街道である。
 かつての宿場町は今ではアスファルトの道路になってしまったが、道は狭い。かつての宿場町の中心部であった高札場跡(法令などを掲示した立て札、町の中心部におかれた)は図書館になっており、記念碑が残っていた。その近くには小さな資料館が残っており、当時の宿場の様子について展示されていた。
 日野宿には本陣が残っている。ここの幕末の主が佐藤彦五郎である。彼は武芸に熱心で、屋敷内に道場を作ってしまったほどであり、近藤周助(近藤勇の義父)の門人となった。後に周助の代理として勇が江戸から出稽古にやってくるようになる。また彼は土方歳三の姉と結婚して、土方は自分の兄よりも彦五郎を慕っていて、しばしばここを訪れていた。ここもおじさんが説明についてくださった。嬉しいことに、ここは当時の建物がほぼ完全な形で残っている。さすがに本陣だけあって建物の作りも立派である。玄関から入ってすぐの部屋が、近藤が出稽古に来たときなど休んだ部屋だそうだ。もちろん畳は何度も取り替えられているだろうが
150年のときを越えて、目の前に近藤の姿が見えたような気がした。また、この家の建築には大石鍬次郎も関わっていたそうで、不思議な縁である。ここにも当時の生活を偲ばせる物が残っており、ざるそばの蒸篭があった。これを見ているうちにそばが食べたくなった。
 日野駅のそばに宝泉寺という寺があり、そこに幹部の一人である井上源三郎の墓がある。彼は新選ぶ組が屯所とした京都の八木家の人の証言によると、無口だが温厚で、人望が厚かったという。後年大きな組織になった新選組であるが、決して近藤や土方だけの力では回らなかったのであろう。
 日野から中央線で立川に戻り、モノレールに乗り換え2つ目の万願寺で降りる。ここは土方歳三の出身地である石田である。おそらく、近年まで農業地帯であったのだろう。割と新しい家が多い。土方家はここ石田の豪農であった。農業の収入の他に、石田散薬という薬の製造、販売で大きな利益を上げていた。そのためか、石田のあちこちに土方家があるが、そのほとんどが立派な屋敷である。土方の生家は数年前に改築されて、現在は真新しい現代的な住宅になっている。その後、石田寺に行き、墓の前で手を合わせた。石田寺の近くにはとうかんの森という小さな森があり、その真ん中に小さな稲荷神社がある。ここだけが土方が生きた時代の面影を残していた。

« 気力は授業した(BlogPet) | トップページ | 会津・多摩・江戸~新選組の足跡をたどる ④ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津・多摩・江戸~新選組の足跡をたどる③:

« 気力は授業した(BlogPet) | トップページ | 会津・多摩・江戸~新選組の足跡をたどる ④ »

無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ