2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 「北ウイング」中森明菜 | トップページ | 渚のラブレター »

さらば「富士」「はやぶさ」

 明日、長い歴史を誇るブルートレインが引退する。ひとつは東京から大分を結ぶ寝台特急「富士」、もうひとつは東京と熊本を結ぶ寝台特急「はやぶさ」である。
 「富士」は、1912(明治45)年に新橋と下関を結ぶ特別急行列車(当時は愛称なし)を起源とする。下関からは関門連絡線を経て九州地方、関釜連絡線を経て当時日本領であった朝鮮半島、さらに中国、ロシア、ヨーロッパ方面への連絡も考慮した国際列車であった。豪華な展望車や食堂車、寝台車などを備えた当時の日本の鉄道を代表する列車であった。後に東京駅の完成により始発駅が東京に改められ、1929(昭和4)年には「富士」という名称が付けられた。

 ※1934(昭和9)年の時刻表によると、東京を15時の特急「富士」で出発すると、下関が2日目の9時30分着、同10時30分の関釜連絡船で釜山(韓国)18時、釜山19時20分の特急で京城(韓国のソウル)3日目の3時15分、新京(中華人民共和国の長春)は同21時、シベリア鉄道を経てモスクワには12日目の17時、さらに乗り換えて、ベルリンには14日目の9時23分、パリには15日目の6時43分、ロンドンには同16時55分に着いた。航空機による長距離飛行がまだ冒険に近かったこの時代において、日本と欧州を結ぶ重要な国際ルートの一部だったわけである。
 ※1934年当時の中国東北部は満州国であった。

 1942(昭和17)年には、本州と九州の間に関門トンネルが開通して、特急@「富士」は長崎まで延長する。しかし、戦争の激化によって間もなく運転は取りやめになる。戦後は、東京と神戸を結ぶ特急を経て、1964年に東京から大分経由で西鹿児島を結ぶブルートレインとしてデビューし、現在に至る。
 一方の「はやぶさ」は、1958(昭和33)年に、東京から熊本経由西鹿児島行きのブルートレインとしてデビューした。
 いずれの列車も、1975年ごろまでは、航空機がまだ割高だったことや、新幹線の未整備、九州が新婚旅行のメッカであったこと、海外旅行が現在ほど一般的ではなかったことなどもあり、非常に人気のあるれしゃだった。しかし、航空機が相対的に安くなり、新幹線が博多まで延びた1975年ごろから「富士」や「はやぶさ」をはじめとする九州行きのブルートレインにもかげりが見え始める。1987年の国鉄分割民営化前後の時期は、ソファーがあり、乗客が飲食や気分転換ができるロビーカーを連結したり、寝台の個室化を進めたりするなどのてこ入れが図られたが、大きな成功は収めなかった。現在の「富士」「はやぶさ」の東京発は18時3分、大分着(「富士」)が翌日の11時17分、博多着が(「はやぶさ」)10時10分、熊本着が(「はやぶさ」)11時49分。飛行機なら、羽田18時50分発のANA189便で大分20時30分着、羽田18時20分発のSNA21便で熊本20時10分着、飛行機ならほぼ同時刻発で楽々その日のうちに着いてしまうのである。これではとても勝負にならない。ちなみに新幹線でも、東京18時10分発のぞみ51号で博多着23時13分着である。
 それでも、乗換えを嫌う高齢者の客、夜行列車の旅を愛する旅行者に支持されてきたが、車両の老朽化などのもんだいもあり、名門列車もついに力尽きることとなった。それでも、旅を愛する人たちによって、これらの列車のことはいつまでも語り継がれていって欲しい、心からそう願っている。

« 「北ウイング」中森明菜 | トップページ | 渚のラブレター »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

これも時代の流れでしょうか。

私は京都の学校に行く時に、去年なくなった「銀河」によく乗っていきました。
昼間仕事をしてブルートレインに乗り込み、翌朝から授業を受ける、スイッチのような存在でしたね。

「銀河」もとても便利な列車でした。朝京都や大阪に着いて行動開始するのにいい時間でした。残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「北ウイング」中森明菜 | トップページ | 渚のラブレター »

無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ