2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ガーベラ(BlogPet) | トップページ | さらば「富士」「はやぶさ」 »

「北ウイング」中森明菜

 ネットの世界は便利なもので、過ぎ去った日々を思い出させてくれる素材がゴロゴロ転がっている。この曲は35歳以上の人なら覚えているでしょう。1984年の大ヒット曲で、中森明菜の代表曲のひとつです。

http://www.youtube.com/watch?v=iB4Lpii5DRQ&feature=related

 北ウイングとは、成田空港ターミナルビル(航空会社の事務所や税関、入出国手続きをする場所や免税店、レストランが入った建物)が、Vの字を逆さにしたような形のビルで、北側の辺を北ウイング、南側の辺を南ウイングと呼んでいる。この曲が出た後の1992年に第2ターミナルビルができたので、現在では第一ターミナルビル北ウイングと呼ぶようになった。
 この曲は、霧の街(おそらくはロンドン)に住む男との恋愛に区切りをつけようと旅立とうとする女の心情を空港の風景と飛行機からの景色とともに歌った歌である。当時11歳であった私にしては、ずいぶん背伸びした歌に惹かれたものだと思います。中森明菜の低音の魅力に惹かれただけでなく、当時未体験だった空港や国際線の雰囲気に関心を持ったのも理由のひとつだと思います。私が始めて飛行機に乗ったのは、その12年後の1996年、初めて成田空港を利用し国際線に乗ったのが、その21年後の2005年、今でもこの歌は私の中では色あせずに、成田空港に行く度に口ずさんでいます。

« ガーベラ(BlogPet) | トップページ | さらば「富士」「はやぶさ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今晩は、カラオケにいくと歌ってます・・・北ウィング・・歌詞の内容にひかれて覚えた歌です・・いいですよね♪

エムエムさん

 やっぱりいい曲は時代を超えていいですよね。だんだん懐かしのメロディになるのだと思いますが、残って欲しい曲のひとつです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガーベラ(BlogPet) | トップページ | さらば「富士」「はやぶさ」 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ