2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 歴史に学べば | トップページ | 油断していたら »

予知夢

 私はあまりオカルト的なものは信じていないが、ひょっとしたら予知夢だけはあるのかもしれないと思っている。私はこれまで数回予知夢を見たことがある。
 ひとつは、中学生のとき、小学校の高学年の頃から、自転車で遠くに出かけることに夢中になっていた私は、出かけた先で不思議な体験をした。道路の幅、家の様子、道路と家との間に小川が流れていることなど、ほとんどそっくり数日前に夢の中に出ていた景色と同じであった。わたしがその場所に行ったのは初めてのことだし、テレビに出るような有名な場所でもない。それなのに、夢の中とそっくりの景色を見たのだ。
 次は高校生のときであった。同じ高校の後輩に少し気になる女の子がいた。はかなげで父性本能(そんなのがあるのかはよくわからないが)をくすぐるタイプであった。さほど親しくしていたわけではなく、時々校内であったときに話す程度であったが、あるとき夢の中に彼女が出てきた。後ろ姿だけであったが、非常に寂しげな姿であった。そのことが気になったいたら、2,3日ほどして彼女が亡くなったことを知った。
 そして、昨晩見た夢は、核兵器を積んだミサイルが私の住む町に落下して、瓦礫の山になり、私がその瓦礫の上をとぼとぼと歩いているものであった。これだけは本当になって欲しくない夢だ。

« 歴史に学べば | トップページ | 油断していたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史に学べば | トップページ | 油断していたら »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ