« 新型インフルエンザのまとめ(WHO警戒レベルフェーズ5) | トップページ | 新型インフルエンザのまとめ(5月2日7時) »

新型インフルエンザのまとめ(相談窓口について)

 今夜のニュースで、アメリカから帰国した人にインフルエンザの症状が見られたと報道されました。現在は航空便で太平洋の向こう側のアメリカやメキシコまで短時間で行けるようになりました。手元の時刻表で調べてみたら、成田からカナダのバンクーバーまで最短8時間40分、アメリカのサンフランシスコが9時間7分、メキシコシティが15時間25分(メキシコのティファナ経由)。とても便利ですごい時代だと思います。一方で、感染症が発生した場合、時間をおかずに世界中に広がってしまうリスクもあります。先ほどのインフルエンザに感染した人も、新型インフルエンザではないことを願いたいです。

 さて、今後新型インフルエンザが国内で発生した場合の対応ですが、新型インフルエンザの疑いがある人は、直接病院に行かないようにしてください。待合室などで他の人に感染させてしまう危険があります。必ず各都道府県などが設置する相談窓口に電話をして、それから指定された病院に行くようにしてください。そのリストを読売新聞社のサイトで見つけたので参考にしてください。

  http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/file/soudan.htm

 なお、業務の妨げにならないように、いたずら電話などは絶対にしないでください。

« 新型インフルエンザのまとめ(WHO警戒レベルフェーズ5) | トップページ | 新型インフルエンザのまとめ(5月2日7時) »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型インフルエンザのまとめ(WHO警戒レベルフェーズ5) | トップページ | 新型インフルエンザのまとめ(5月2日7時) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ