« 新型インフルエンザのまとめ(9日6時現在) | トップページ | バイク談義(上)(BlogPet) »

バイク談義(上)

 私は学生時代50ccのスクーターに乗っていた。ホンダのディオZXというスクーターだった。50ccながら、7.2馬力のパワフルなエンジンで、当時住んでいた仙台市を中心に休みの日にはツーリングを愉しんでいた。卒業する時に、知り合いの人に格安で売ってしまった。その後、社会人になってクルマを買い、バイクからはすっかり遠ざかっていた。風向きが変わったのは去年、ガソリンの高騰で、燃費の悪いクルマ(スバル フォレスター)に乗っていた私は、クルマを手放す、あるいは近距離のみバイクに置き換えることを検討した。そうしているうちにガソリン価格がさがり、その話は中止になった。その間、国産バイクメーカーの各社(普通免許しか持っていないので、50ccしか乗れない私はカワサキのホームページは見ていませんが)のホームページを見て愕然としていたことは、バイクのラインナップが15年ほど前に比べて大きく減少していたことです。当時たくさんあった2ストロークエンジンを搭載したレーサーレプリカモデル(ホンダのNSRやスズキのRGVΓ(ガンマ)など)が影も形もなくなっていた。そればかりか、50ccのスクーターで、ホンダのディオZX、ヤマハのジョグZ、スズキのセピアZZなど7.2馬力を発生させるホットなモデルがなくなって、4馬力前後のおとなしいモデルばかりになっていた。排気ガス規制の強化や、若い人のバイク離れなどがあるのだろうが、寂しいことである。

« 新型インフルエンザのまとめ(9日6時現在) | トップページ | バイク談義(上)(BlogPet) »

クルマ・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型インフルエンザのまとめ(9日6時現在) | トップページ | バイク談義(上)(BlogPet) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ