« 新型インフルエンザのまとめ(相談窓口について) | トップページ | 新型インフルエンザのまとめ(発熱相談センター) »

新型インフルエンザのまとめ(5月2日7時)

 現在のところ、国内での新型インフルエンザ感染者は確認されていません。成田空港の女性も、横浜の高校生も香港型やソ連型のインフルエンザであることが確認されました。しかし、私個人の見解ですが、これから海外に出かけていた人が帰国する時期には、新型インフルエンザに感染した人が国内でも発生する可能性は高いと思います。
 空港で感染者が確認された場合、同じ飛行機に乗っていた人に感染が広がっている恐れがあります。飛行機の中は極度に湿度が低く、インフルエンザウイルスの感染が広がりやすい環境であります。もし、新型インフルエンザウイルスに感染しても、潜伏期間のうちに空港に着けば、発熱なしということでチェックをすり抜けてしまう可能性があります。その場合、本人が気づかないうちに外出先や交通機関の車内、家庭などでウイルスを撒き散らしてしまう恐れがあります。そうなってしまった場合、国内でも人から人への感染が広がる恐れがあります。
 ゴールデンウイーク中なので、私たちも外出や旅行で人ごみに出ることがあるかと思いますが、うがいや手洗いの励行、栄養や休養を十分に取り、身体の抵抗力を高める。そしてできれば人混みは避けるなどして、新型インフルエンザ感染を防ぐようにしたいものです。

« 新型インフルエンザのまとめ(相談窓口について) | トップページ | 新型インフルエンザのまとめ(発熱相談センター) »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型インフルエンザのまとめ(相談窓口について) | トップページ | 新型インフルエンザのまとめ(発熱相談センター) »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ