2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« おすすめのブログです | トップページ | 岬めぐりの銚子電鉄 5 »

恩師

 誰にだって、恩師と呼ぶべき大きな影響を受けた師との出会いがあるだろう。私にも、何人も恩師と呼ぶべき師との出会いがあった。小学校5・6年の担任からは、チームプレーの大切さ、正直であることの大切さを学んだ。中学校1年の担任からは一生懸命やることの大切さを学んだ。その他、担任、教科担当をはじめ、私には大事な恩師が何人もいる。
 その恩師のひとりの訃報に接した。大学のゼミの教授である。私はゼミの学生の代表のようなことをしていたから、先生と話すこともよくあった。卒業してからも、2年に一度同窓会を開き、先生を囲みにぎやかに過ごすことが私たちの大きな楽しみであった。前回は2年前のゴールデンウイークに行った。先生のご自宅から会場の温泉までクルマで3時間、先生を送っていった。相変わらず少々頑固で、辛口なところもあったけれど楽しかった。昨年の秋、先生にあう用事があった。先生から蕎麦をご馳走になりながら、次回は秋に行いましょうという話をした。もし、先生がお元気なら、今年の秋に先生を囲み同窓会を開くはずだった。
 私が先生から学んだことは、単なる教育制度や教育しに関する知識ではなく、特別支援学校の教員をする上での基本的な精神だと思う。私がそれをどれだけ学べたかはわからない。それでも、原点に返って、さらに頑張ろうと思う。それが先生への最大の恩返しになると思うから。久しぶりに学生時代のテキストを取り出して、読みながら思いを新たにした。

« おすすめのブログです | トップページ | 岬めぐりの銚子電鉄 5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は1年生のときから大島ゼミでした。
だからけっこう目をかけてくれていました。
3年生のときは教員になるか社会福祉士になるかまよい、でも肢体不自由がやりたくて大島ゼミに入りました。結局教員ではなく社会福祉士の方へ力を入れることに決めました。
でもやっぱり障害のある人への考え方は先生からも教えていただきました。
ほんとう。秋の同窓会は大島先生に会いに行くことにしていたのにね。残念でなりません。

まっきーさん。返事が遅くなってすみません。
そうですね、本当に残念です。
秋は何か別な形でやりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おすすめのブログです | トップページ | 岬めぐりの銚子電鉄 5 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ