« ラジコンパトカーと2000円札 | トップページ | いいことありそう »

「カーリング魂」 小野寺歩著 小学館

 2006年のトリノオリンピックは日本選手団にとって散々な大会だった。獲得したメダルは、フィギュアスケートの荒川静香の金メダル1つだけであった。日本のお家芸であるジャンプも散々だったし、期待していたスピードスケートのほうも惜しくもメダルに届かなかった。スノーボードにいたっては、一部の選手の選手村での態度の悪さが問題になるくらいで、競技以前の問題だった。
 そんな中検討したのが女子カーリングチームであった。オリンピックが始まる前には話題にもなっていなかったのだが、オリンピックが始まると、彼女達の奮闘する姿が多くの人に感動を与えた。強豪のカナダを破ったときには、「ひょっとしたらメダルに手が届くかも」と思った。結局メダルには届きませんでしたが、その姿には多くの人が拍手を送りました。
 現在は競技の第一線を退いた小野寺(現在は小笠原)が、カーリングとの出会い、そしてオリンピックまでの思い出を綴ったのがこの本です。カーリングの難しさは、他のどんなスポーツよりも固いチームワークが求められることだと思うが、このチーム「チーム青森」の5人の絆の強さはこ本からも読み取れる。チームのメンバーに対する思いを語った部分では、私は感激して涙を流しながら読んでいました。病院の待合室だと言うのに!

« ラジコンパトカーと2000円札 | トップページ | いいことありそう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラジコンパトカーと2000円札 | トップページ | いいことありそう »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ