2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の9件の記事

知らないおじさんより

 私が子供のころは、親によく「知らないおじさんのクルマに乗ってはだめだよ」と言われた。実際、誘拐事件のニュースをよく聞いた。最近は知らないおじさんによる誘拐事件は少なくなったが、実の親による児童虐待や育児放棄の上死なせてしまう事件が多くなった。いわば、子供にとって危険な存在とは、知らないおじさんではなく、血のつながった実の親とくに母親だといってもいいだろう。

 もちろん、今の親を責めるばかりでは酷かもしれない、よく、母性本能という言葉を使う人がいるが、少なくとも人間にとっては母性本能など本当に存在するのか疑わしく思っている。最近多いパターンが、母親と母親の彼氏、あるいは再婚相手が寄ってたかって子供を死に追いやるパターンがなんと多いだろうか。人間は本来勝手で自己中心的なものだと思う。ところが母性本能という言葉に縛られた揚句、新しい家族と古い家族の残骸である子供の間で身動きが取れなくなり、自分の子供を死なせてしまう母親がどれだけいるだろうか。

 多分、この状況を解決する手段は一つだけ、母性本能という神話を葬り去ることではないかと思う。母性本能という言葉にがんじがらめにされた母親が、それから逃れるために自分の子供を殺してしまう。あくまでも、男で、子供を育てたことのない人間のたわごとかもしれないが、そんな構図が見えてくる。議論を呼んだ「赤ちゃんボックス」も、親に殺される不幸な子供を増やすよりは、親にとって精神的に負担の少ない方法で親であることをリタイヤできるいい方法なのかもしれない。そんなことを考えるときがある。

 

程度にもよるけれど寒い国


ブログネタ: 一年中暑い国と一年中寒い国、住むならどっち?参加数拍手

 具体的にどこかというと悩みますが、暑い国よりは寒い国のほうがいいです。暑さが苦手なので、1年中暑い国にいたら生きる気力を失いそう。厳密にいえば一年中寒い国というのはないけれど、(南極などの氷雪気候のところは別ですが)、たとえば冬の気温が世界で最も低いロシアのベルホヤンスクだって、夏はそこそこ温かくなるし、あえて言うとアイスランドのレイキャビクのような気候のところかな。1年を通して1桁の気温のところをさすのでしょうか。熱帯気候よりはまだよさそうです。

ダイエット国技館 6,7月場所結果報告

 ずいぶんご無沙汰してしまいましたが、ダイエット国技館の結果発表を行います。

 まずは6月場所、西三段目6枚目
 3日減少○、7日増加●、10日減少○、14日増加●、17日現状維持(対前々回比で増加)●、21日減少○、24日増加●
 3勝4敗、体重は5月最終計測との比較で±0㎏

 次いで7月場所、東三段目22枚目
 1日増加●、5日減少○、8日減少○、12日増加●、15日減少○、19日増加●、23日減少○
 4勝3敗、勝ち越したにもかかわらず、体重は6月最終計測と比べて1.7kgの大幅増加。減少が4回と勝ち越したにもかかわらず、3階の増加がいずれも大幅だった。

 というわけで、8月場所は8月1日(都合により繰り上げスタートとなります)からです。特に7月は婚活が暗礁に乗り上げたストレスでかなりダイエットに良くない生活を送っていましたが、仕切り直しです。8月場所の番付は西三段目10枚目になります。

私はキリギリス


ブログネタ: アリとキリギリス、どっちの生き方がいい? 参加数拍手

 昔々、私がまだ子供だった頃、幼稚園で先生が「アリとキリギリス」の本を読んでくださったとき、私はこんな感想を持ちました。「キリギリスかわいそう」。あの話は、アリのようにせっせと働かないと、いざという時困ったことになるよ」という教訓を子供たちに植え付けるための話だと思いますが、私は子供のころからずっとキリギリスシンパです。

 多分、私という人間は、どちらかと言うと働き者ではないうえに、計画的な人生なんてクソクラエと思っているからだと思います。こつこつと努力することはあまり好きではない(好きではないだけで、しなかったわけではないです)上に、人生いつ死ぬか分からないのだから、楽しんだ者勝ちだという、怠惰で場当たり的な思想が根底にあるのでしょう。もちろん、今の仕事は好きで選んだ仕事だから、それなりに一生懸命やっているけれど、稼いだお金は結構盛大に使ってしまう。もっとも、根が小心者だから借金だけはしないようにしているが、貯金は長く独身で働いている割にはあまりない。まぁ、借金さえなければ人間元気でいれば何とかなるさ、その程度のお気楽な考えでいる。それに、やりたいことを我慢して貯金しても、人間なんて明日ぽっくり死ぬかもしれない、そんなとき、極楽まで貯金通帳を持っていけるわけじゃないし。

 そんな無計画な人生を送っている私だから、ある冬の番にやせ細ってあなたの家のドアを叩くかもしれません。そんな時は、温かい豚汁とおにぎりをごちそうしてくれたら嬉しいな。それ以上は何もいらないから。

熱中症にご用心

 毎日毎日暑いですね。皆様はお元気ですか?私はなんとか元気に過ごしています、がさすがに暑さはこたえます。一昨日、いやというほどウナギを食べたから、これでよほど元気になったとおもいきや、昨日、今日の暑さで再びばてています。

 こんな時期に怖いのが熱中症。とくに高齢者の方は自宅で安静にしていても熱中症になる可能性があります。また、それ以外年齢の人も、運動や労働の際に熱中症を発症する可能性があるので、注意する必要があります。

【熱中症にならないために】

 1 体調の悪い時の運動や外出はとくに注意。
 2 通気性の良い服装を。帽子などで直射日光を防ぐ工夫を!
 3 こまめに水分補給。できれば塩分などミネラルが含まれているものを。
 4 70歳以上の高齢者の方の熱中症が非常に多いです。特に室温や水分補給に注意!

睡眠時無呼吸症候群の検査 3 入院

 先日、市内の総合病院の睡眠医療センターで、睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてきました。仕事を終え、自宅で夕食と入浴を済ませ、8時少し前に病院に入りました。私は乳児の時を除くと入院の経験がなく、非常に不謹慎ながら少しだけワクワクしていました。入院ライフを楽しむために、読みかけの本と任天堂DSも着替えや保険証を入れたバッグに詰めこんだ。
 入院するとすぐに体温、血圧の測定。少し緊張していたせいか血圧がやや高い。個室はちょっとしたビジネスホテルのようで、あまり病院らしさはない。本をバッグから取り出し、読もうと思ったその時、男性の検査技師の方がきて、トイレに行くように促した。トイレを済ませると、私の頭髪や頭皮にポマードのようなものを塗り始めた。次いで、頭部、胸部、腹部、指先にに次々とセンサーを付け始めた。この検査は、終夜睡眠ポリグラフィーといって、眠っている間の脳波、目の動き、睡眠の深さ、体位、血中の酸素濃度を一晩中測定することにより、その人の睡眠の状態や、問題がある場合その原因を探るためのものです。とにかく私はおよそ45分かかってあちこち電極やセンサーだらけの電気人間になった。電気人間になるとテレビの使用もできなくなり、部屋の照明を消して横にならなければならない。まだ9時30分でさほど眠くはないが、不思議なことにあっという間に眠ってしまった。どれくらいたったのか分からないが、看護師さんが枕元に来て、普通の枕から氷枕に取り換えた。体温で頭につけたポマードのようなものが溶け、センサーがずれないようにそうするということだった。いつもより2時間近く早く寝たので、目が覚めるのも早く、4時過ぎには目が覚めていたが、この検査は8時間測定しなければならないので、電極をつけたままじっとしている。幸い、ベッドは窓際にあるので、カーテンを少しだけめくって、横になったまま朝の空を見る。
 5時30分ごろ看護師さんがきて電極を外す。その後シャワーを浴び、7時ごろ退院した。病院の玄関を出た時、「ああ。これで自由の身になった」と感じた。たった一晩の入院なのに。結局持ち込んだ本は1ページも読むことなくそのまま持ち帰った。これからいったん自宅に戻り、すぐに仕事。あわただしい時間を過ごすうちに入院していたことはあっという間に過去の出来事になってしまった。

3つだけ願いがかなうとすれば


ブログネタ: 3つだけ望みが叶うとしたら、何を願う?参加数拍手

 何にしようかなとしばらく考えてみた。

1 退屈しない人生にしてほしい
 人間長生きすることだけが幸せなことじゃない。たとえ短くとも素晴らしい人生というのはある。いずれにせよ、生きていて「もうたくさんだ」と思わない人生がいい人生だと思う。悪い出来事はあまり歓迎しないが、生きていて飽きないようなドキドキ、ワクワクの連続の人生だといいなぁ。

2 周りの人も私も心が元気であってほしい
 老化すれば身体が衰えていくのはやもうえない。しかし、心が元気であればそれを十分カバーできると思う。

3 ないよりも会った方がいいよね
 お金だけで人は幸せになれないけれど、やっぱりあるに越したことはないよね。

年に一度の再会ならず

 今日は七夕。空では織姫と彦星が年に一度の再会を果たす日ですが、私の棲む町では、今夜も雨、二人の再会はかないませんでした。もっとも、現在、新暦の7月7日が七夕というのは明治以降の話で、それ以前は旧暦の7月7日に行われるものだから、本来の旧暦の7月7日は8月16日(2010年の場合)になるから、とっくに梅雨は明け、織姫と彦星の再会できる確率は高いし、旧暦の7日は上弦の月にあたり、あまり月が明るくないから星を見るのにも都合がいい。
 私の勝手な願いだが、新暦の7月7日だけでなく、旧暦の7月7日にも織姫と彦星にチャンスをあげてもいいんじゃないかと思う。

変われるか

 今日行われた日本相撲協会の臨時理事会で、野球賭博問題にかかわった親方、力士のうち、大嶽親方、大関琴光喜が解雇。時津風親方、阿武松親方が降格処分となった。日本相撲協会は、ここ数年、時津風部屋で序の口力士への暴行の上死亡させる事件、力士の大麻使用事件、暴力団との結びつき、そして今回の野球賭博問題と数々の問題を起こしてきた。

 これまでの問題にも共通することだが、関係者の処分は厳しく行われたが、相撲界の古い体質には手がつけられないままである。たとえば、時津風部屋でのリンチ事件では、先代の時津風親方が解雇されたが、はたして、本当の意味での再発防止策がとられたかというと、私はそうは思えない。根本的には、相撲界の古臭い、閉鎖的な体質を改めない限り、モグラたたきのように今後も問題を起こし続ける可能性が高いと思う。リンチ事件の時、相撲協会が考えていたのは、被害者の序の口力士と家族の無念な気持ちではなく、時津風という年寄名跡と名門時津風部屋を守ることばかりだったことは忘れてはならない。

 結局、問題が起こるたびに、相撲協会は身内の都合ばかり考えて場当たり的な対応を繰り返してきた。しかし、懲りずに問題を繰り返す相撲協会を国民はこれ以上許すことはできないだろう。本当に求められることは、相撲界の閉鎖的な体質を改めること、つまり、力士経験者ばかりでなく、外部の人を相撲協会や各部屋の運営にもっと参画できる体制にすることだと思う。これができなければ国技である相撲は、見捨てられ、国技館は廃墟になるだろう。相撲を愛する私でさえ、今回の騒動に関してはあきれ果て、嘆き悲しんでいる。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ