« 一日の終わりに | トップページ | 年に一度の再会ならず »

変われるか

 今日行われた日本相撲協会の臨時理事会で、野球賭博問題にかかわった親方、力士のうち、大嶽親方、大関琴光喜が解雇。時津風親方、阿武松親方が降格処分となった。日本相撲協会は、ここ数年、時津風部屋で序の口力士への暴行の上死亡させる事件、力士の大麻使用事件、暴力団との結びつき、そして今回の野球賭博問題と数々の問題を起こしてきた。

 これまでの問題にも共通することだが、関係者の処分は厳しく行われたが、相撲界の古い体質には手がつけられないままである。たとえば、時津風部屋でのリンチ事件では、先代の時津風親方が解雇されたが、はたして、本当の意味での再発防止策がとられたかというと、私はそうは思えない。根本的には、相撲界の古臭い、閉鎖的な体質を改めない限り、モグラたたきのように今後も問題を起こし続ける可能性が高いと思う。リンチ事件の時、相撲協会が考えていたのは、被害者の序の口力士と家族の無念な気持ちではなく、時津風という年寄名跡と名門時津風部屋を守ることばかりだったことは忘れてはならない。

 結局、問題が起こるたびに、相撲協会は身内の都合ばかり考えて場当たり的な対応を繰り返してきた。しかし、懲りずに問題を繰り返す相撲協会を国民はこれ以上許すことはできないだろう。本当に求められることは、相撲界の閉鎖的な体質を改めること、つまり、力士経験者ばかりでなく、外部の人を相撲協会や各部屋の運営にもっと参画できる体制にすることだと思う。これができなければ国技である相撲は、見捨てられ、国技館は廃墟になるだろう。相撲を愛する私でさえ、今回の騒動に関してはあきれ果て、嘆き悲しんでいる。

« 一日の終わりに | トップページ | 年に一度の再会ならず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一日の終わりに | トップページ | 年に一度の再会ならず »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ